江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


赤ちゃんの乳児湿疹・アトピー性皮膚炎・貨幣状湿疹を自然治癒力で治す

生後半年ほどで発症した湿疹
アトピー写真 

最初は体の一部のみでしたが、次第に全身へと広がっていきました。
この時点で、ステロイド療法は行わないと心に決め自然治癒力による完治を目指しました。

一カ月後

atopi02.jpg atopi03.jpg atopi04.jpg

atopi05.jpg

検診や風邪などで小児科にかかると、必ず言われることは「ステロイドを使いなさい」でした。しかし、ステロイドに対して難色を示すと「上手に使えば良い薬」と、あくまでもステロイドの使用を勧め、中には「ステロイドを使おうとしないのは親のエゴ」と言い切る医師もいました。
なぜ、ステロイドを使いたくないかという理由には一切の関心を示さず、ただただ、「ステロイドは良い薬」「正しく使えば問題ない」として勧めるだけでした。
本当に問題の無い薬であれば初めから使っていました。
ステロイド療法はあくまでも対症療法(症状を抑えているだけ)にすぎません。それにもかかわらず、ここまで強引に勧める理由は何でしょうか。根治療法を同時に行うというのなら話も分かりますが・・・。

二カ月後

atopi28.jpg atopi26.jpg atopi27.jpg

症状は一進一退を繰り返しました。
なぜ、ステロイドを勧められてきたにもかかわらず使わないかと言えば、「ステロイドを使うことで難治性の湿疹になる可能性を否定できない」からでした。中にはステロイドを使うことで早期に治癒した患者さんもいらっしゃることでしょう。
それはそれでいいことだと思います。ただ、その背景に隠されている問題を無視することは出来ませんでした。ステロイドが本当に良い薬であれば、どうしてアトピー性皮膚炎に悩まされる患者さんが未だにいらっしゃるのでしょうか。最近では、高齢者にも増えていると聞きます。
ステロイドがアトピーを治す薬ではないことは厚生労働省が定めたガイドラインにも明記されています。ただやみくもに、ステロイドを否定しているわけではないのです。医師は患者さんの事を思って治療を勧められているのだと思いますが、医師以上に子供の体を心配しているのは親なのです。

三カ月後

atopi24.jpg atopi25.jpg

徐々にではありますが、湿疹の勢いが少なくなってきました。
もちろん、この間に医療機関にかかっていないわけではありません。ステロイドを第一選択としない皮膚科にお世話になっていました。
そこでの方針は、非ステロイド薬で悪化を防ぎ自然に治癒するのを気長に待つというものでした。食事にも気を使い、胃腸の負担にならないものを心がけました。

五カ月後

atopi06.jpg atopi07.jpg

全体的に赤みが引いてくるようになりました。
湿疹がひどい時には亜鉛化軟膏、サトウザルベなどを使いましたが、これらの薬で「治る」という印象はなく、悪化を防ぐにすぎないと実感しました。(時には効かないこともある)
やはり、治癒には子供の自然治癒力が決め手なると。そのためには、その治癒力を後押しする生活を心がけていけば必ず治ると信じて日々のケアに取り組みました。

六カ月後

atopi11.jpg atopi09.jpg atopi10.jpg

atopi08.jpg

目立つ湿疹も無くなってきました。
ここまで子供にしてきたことは、光線療法、皮脂を落としすぎないように入浴を工夫、湿潤療法にもとづく皮膚ケア、ドクダミの活用、胃腸の状態に合わせた食事療法、皮膚整体などです。皮膚科医はこれらの処置を非科学的と一蹴するでしょうが、私にとってはステロイド療法よりも副作用がないという点において安心できる方法でした。

八カ月後

atopi17.jpg atopi16.jpg atopi18.jpg

atopi19.jpg

この頃になると、ようやく終わりが近づいてきた感じがしてきて嬉しくなったものです。
写真には収めていませんが、ひっかき傷などで包帯や服が血だらけになっていたことが嘘のようです。

九カ月後

atopi20.jpg atopi21.jpg atopi23.jpg

atopi22.jpg

最初の頃のひどい湿疹が見違えるようにきれいになりました。もちろん、この間、ステロイドは一切使用しておりません。自然治癒力を活かす方法と傷を拡大させない努力によって治すことができたのです。
ステロイド療法全盛の中、こうした自然治癒力を高める方法で病気を治すのは本当に大変なことです。傍から見れば、周りの声に逆らうという形になっているので孤軍奮闘という状態にならざるを得ません。子供の調子に一喜一憂したこともありましたが、家族のサポートによって乗り切ることが出来ました。家族に感謝、自然治癒力に感謝です!

二年後

atopiok02.jpg atopiok01.jpg

肌も丈夫になり、湿疹で悩まされていたのが遠い昔のように感じます。
これまでの経緯で、医療は自然治癒力にもっと関心を向けるべきであると感じました。薬を処方することが悪いわけではありませんが、ステロイドしか方法はないと決めつけるのは間違っています。患者さんは治したいんです。対症療法のみで何ができるのか、もっと真剣に考えなければいつまで経ってもアトピー性皮膚炎を本当の意味で治すことはできないのではないでしょうか。


乳児湿疹に於いて、間違った皮膚ケア指導も皮膚炎を助長させているのでは?と当院では感じています。

*入浴の際にせっけんでしっかり体を洗い、その後は保湿剤を使うよう指導する行為

(皮膚に欠かせない皮脂を落として保湿するなんて本末転倒です。)

皮膚バリアが弱い乳児にボディソープやせっけんは必要ありません。(お湯のみで充分)
過度の保湿も同様です。(自己保湿力の低下)


(爽快館では、効果の疑わしい健康食品や水等を勧めることは一切ありません。健康な体づくりのための整体や食事指導など生活全般のアドバイスを行っております。)

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ