江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


膝の痛み・膝関節痛を治す方法

膝の痛み・変形性膝関節症の原因に隠されていた真実とは?


すみません、今までの膝痛治療のことは忘れてください。
これからあなたの膝の痛みを治すために大切なお話をします。


あなたはこんな常識を信じていませんか?
  • 骨が変形すると痛くなる
  • 軟骨がすり減ると痛くなる
しかし、本当は骨は変形しても痛くないし、軟骨はすり減っても痛くありません。

下のレントゲン写真をご覧ください。(右ひざ)
henkeihiza01.jpgこれは整形外科で「変形性膝関節症」と診断されたものです。

の部分にご注目ください。

関節のすき間は無くなり、骨も変形しているのが確認できます。

しかし、この時点で患者さんの膝に痛みはありません。

画像を見る限り「変形性膝関節症」と、医師であれば誰もがそのように診断するのは間違いないでしょう。

しかし、軟骨が減って骨が変形しても、それ自体で痛みが出ることはありません。

なぜなら、骨や軟骨(半月板を含む)には痛みを感じる神経が元々存在しないからです。

これは生理学の専門書に記載してある事実です。

しかし、ほとんどの医療機関ではこの原理を無視した説明がまかり通っています。

だから、治療を受けても治らないという現実が当たり前のように起きているのです。

もしかしたら、あなたも同じような状況で悩んでいらっしゃるのではないでしょうか。


間違いだらけの膝痛治療


あなたは現在どんな症状に悩まされていますか?
  • 階段の登り降りがつらい
  • 膝が痛くて正座が出来ない
  • 椅子から立ち上がる時に痛い
  • 座敷だと脚がつらくなる
  • しゃがむことが出来ない
これらの症状は、あなた以外にも多くの方が悩まれています。

そして、これらの症状を治すために皆さん色々なことをされています。

「シップ・飲み薬・注射・サポーター・電気治療・マッサージ・筋トレ・コンドロイチン・グルコサミン」

ざっと思いつくだけでもこれくらいあります。

あなたもこれらのどれか一つは試されたことがあるかもしれません。

でも、治らなかったんですよね。

それは何故だと思いますか?

私にはその理由が明確に分かります。

それは、膝が痛くなった原因はそのまま放置されているからです。

膝が痛くなったからには必ずその原因があります。

しかし、世の中の治療法のほとんどは痛みという結果にだけアプローチしています。

痛みが出た原因はそのままなんです。

これでは問題を根本解決することは出来ないですよね。

また、あなたは治療を受ける時こんなことを言われたことがありませんか?
  • 膝の痛みは体重が原因
  • 膝の痛みは筋力不足が原因
  • 膝の痛みは加齢が原因
実は、これらはぜ~んぶ間違いです。

確かに、体重は軽い方が負担は少ない、筋力もあったほうがいい、年齢も若いに越したことはない。

しかし、直接影響があるかと言えばそうではないのです。

仮に、直接の原因だとしたら、
  1. 体重が原因なら、なぜ痩せている人に膝痛があるのか?
  2. 筋力不足が原因なら、なぜスポーツ選手に膝痛があるのか?
  3. 加齢が原因なら、なぜ全ての高齢者に膝痛がないのか?
これらの疑問についてあなたはどう思いますか?

矛盾を感じませんか?


そうです。あなたがこれまで指摘されてきた内容には根拠が無かったのです。

ちなみに、多くの方が受けているヒアルロン酸注射。

米国の整形外科学会AAOSではヒアルロン酸の関節内注射は推奨されていません。

これは、ヒアルロン酸注射に有効性が認められなかったからです。

効いたと感じているのは「プラシーボ効果」なのです。

当然ながら、コンドロイチン、グルコサミンなどの健康食品に軟骨を修復する効果や鎮痛効果がないのは言うまでもありません。(私もメーカーに問い合わせ済みです。)

では、これらが膝痛の原因ではないとしたら何が本当の原因なのでしょうか?

膝の痛み・変形性膝関節症の本当の原因とは?


当院では、膝痛の原因は骨や軟骨ではなく全く違うところにあると考えています。

それは、どこかと言いますと「※筋肉」です。
(※筋膜・靭帯・滑膜・関節包も含む)

しかし、大半の医療機関では筋肉を鍛えようとする発想はあっても筋肉そのものをケアする発想はありません。

ここが、膝痛治療最大の問題点です。

本当は、筋肉が最重要治療ポイントなのです。

ちなみに、筋肉の手当てとは筋トレをすることではありませんのでご注意ください。

下の画像をご覧ください。
seiza.jpgこの患者さんは、膝が痛くて正座ができずに杖が手放せませんでした。

もちろん、整形外科は受診していましたが「変形性膝関節症」と診断された後は薬を処方されただけで痛みを根本的に治す治療は一切ありませんでした。

では、何をしたらこのように正座が出来るまで改善することができたのでしょうか?

それは、これまでお伝えしてきた本当の原因(筋肉のトラブル)を知っているか?知っていないか?

そして、その原因を根本解決に向けて取り組んでいるか?そうでないか? ただ、それだけです。

膝痛治療の最終手段に「人工関節手術」がありますが、それらの手術を受けた患者さんは今まで治療を受けていなかったのでしょうか?

ほとんどの人が「いいえ」だと思います。

膝痛治療を受けていたにもかかわらず、本当の原因は放置されていたので結果的に病状が進んでしまったのではないでしょうか。

あなたが受けている治療は大丈夫ですか?

一般的な方針と当院の違いを表にまとめてみました。
  一般的な方針 当院の方針
痛みの原因は何? 骨と軟骨の変形 筋肉・関節包の硬縮
レントゲンは異常なし 鎮痛剤・シップで対応 筋肉の健康改善を行う
骨の変形に対する考え方 変形は痛みの原因 変形は痛みの原因ではない
体重について 痩せなさいと指導 体重よりも体の使い方が重要
重症度の基準は? 骨の変形具合 関節の柔軟性
どのように悪化を防ぐ? 筋肉を鍛える 筋肉をゆるめる
日頃の姿勢は? 関係ない 大いに関係している
こうして比べてみると全く違いますね。

これは、私の提唱する施術法と全く逆の発想といっても過言ではありません。

そして、この違いによって検査で異常がない膝痛についての問題点も明らかになってきました。

ある患者さんは、レントゲンに異常がなかったので更に詳しくMRI検査をしました。

kneeMRIa.jpg「MRIに異常は見当たりません。」
「痛み止めの薬とシップを出しておきますから様子を見てください。」


結局、このような処置のみで診察は終わりでした。

「えっ?治療はこれで終わり?」「痛みがあるのに異常がない!?」「ホントにこのままでいいの?」

その後、病院の対応に不満を抱えた患者さんは当院へ来院して痛みは回復しましたが、同じ様な不満を抱えているのは他にも大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

膝痛を治すためにはこれまでの常識に捉われないことが大切です。

膝痛改善プログラムを受けた方の喜びの声

娘から「良くなったね。」と言われて嬉しかったです。

藤田 様 / 53歳 / 女性

*どのような症状に悩まされていましたか?

股関節痛
右ひざの痛み・腫れ

*日常生活では何が不便でしたか?

歩く時、立っている時、階段の上り下りの時に直ぐに痛くなるので買い物、料理の準備、掃除がとても億劫でした。
料理の時は、途中から椅子に座っていました。
掃除機は、家族にお願いしてやってもらっていました。

*施術を受けてどのように体が変化していきましたか?

右ひざの痛み、腫れが直ぐに良くなりました。
足が軽くなり車の乗り降りが楽になりました。
屈んだときに、いつもギクギクした痛みがあって嫌でしたが、無くなりました。
買い物の時に長く歩けるようになり、途中で座ることがかなり減りました。
掃除機をかけることが、億劫ではなくなりました。

*これまで受けてきた治療と比べて何が違いましたか?

病院では「今の状態より悪くならない様に、足を大事に使って下さい。」と言われて、飲み薬、シップを出してもらうだけでしたので、段々と歩けなくなってしまうと思っていました。
でも、先生の施術を受ける様になって、少しずつ足の痛みが楽になり、今まで億劫だったことが、自然と出来る様になって、心も体も楽になりました。
娘からも、買い物の時に「良く歩ける様になったね、よかったね。」と言われて嬉しかったです。

*同じような症状で悩んでいる患者さんへ一言お願いします!

日常生活の中で、足の痛みから普通のことが出来ない自分が情けなくて、家族に申し訳ないと思っていました。
でも、先生の施術を受けながら、自分でも努力する中で、確実に痛みが楽になりました。最初は半信半疑でしたが、今では私でも良くなる方法があることが分かり、前向きな気持ちになりました。
諦めないで、素直にやってみることが大切だと思います。

(施術効果には個人差があります。)

正座ができるようになり杖も手放すことができました。

山野上 様 / 79歳 / 女性

*どのような症状に悩まされていましたか?

変形性ひざ関節症
膝の痛みが激しくて、足を伸ばしても痛むし寝ていても痛みのため睡眠不足になりました。

*日常生活では何が不便でしたか?

痛みがひどくて、家事もできなかったこと、主人も足が悪いため車いすを利用しなければならず病院へ行く時は、何度か介護支援の方にお願いしました。

*施術を受けてどのように体が変化していきましたか?

治療を受けるようになって4か月程して、少しずつ家事が出来るようになりました。家の近くで犬の散歩もできるようになりました。

*これまで受けてきた治療と比べて何が違いましたか?

整形の医師は、病名は言われてもどうすれば良いか何も説明もないことです。
(爽快館の)先生の場合は、患者に寄り添って的確に治療してくださるので信頼して続けられました。

*同じような症状で悩んでいる患者さんへ一言お願いします!

娘にすすめられて先生の診察を受けました。先生から足の筋肉のおとろえ足が曲がっていることや、歩き方の悪さなど指摘されて病状を知ることができました。
真剣に治療してくださり、アドバイスして頂き我が家で頑張った結果、短時間ですが正座が出来るようになり、又杖も手放すことができました。
先生に出逢えたことが幸運でした。

(施術効果には個人差があります。)

痛みに対する概念が変わりました!

井上 様 / 54歳 / 女性

*どのような症状に悩まされていましたか?

10年程前から、首、肩、背中の痛みが徐々にあり、年数の経過とともに痛さが強くなり、腰、ヒザの痛みも加わり全身がこわばった様でした。
長時間乗り物に乗っていることも腰やヒザが痛くなり苦痛でした。

*日常生活では何が不便でしたか?

1年程前には首の痛みで2週間ほど寝込み、仕事を休まなくてはいけなかった事がありそれ以来、首を動かすときや手を上げたりする動きは慎重になり、いつまた激痛が出るかと不安な毎日でした。
就寝中には腰の痛みで目が覚めることがほぼ毎日あり熟睡ができない日々でした。

*施術を受けてどのように体が変化していきましたか?

加齢によるものと半ばあきらめていましたが、施術を受けて1カ月程たった時、今までからだを動かす時に感じていた重さが軽減された気がします。
3ヵ月たった今、7時間の飛行機移動で腰が痛くなかったことに驚き、また嬉しかったです。

*これまで受けてきた治療と比べて何が違いましたか?

整形ではレントゲン検査で骨には異常がないと言われ痛み止めを処方されリハビリを受けとその繰り返しで改善されることはなかったのですが、先生には全身の筋肉の状態をみていただけ全身のコンディションを教えて下さり、それに必要な運動の仕方、ストレッチの仕方を指導して下さるので不安なく動かすことができます。

*同じような症状で悩んでいる患者さんへ一言お願いします!

若い時は痛みを乗り越える気力と体力があったのですが、結局それが悪化させていたと知り早く施術を受けていればと思いました。
今まで痛みの原因は骨が変形しておこるものと思い込んでいたのが、先生の説明を受け痛みに対する概念がかわり、日常生活の中での意識が変わります。

(施術効果には個人差があります。)

膝の痛みを治すために必要な5つのチェックポイント


当院では、施術に必要な5つのポイントのチェックを行います。
  1. 膝こりの確認
  2. 伸展制限の確認
  3. 屈曲制限の確認
  4. O脚X脚の確認
  5. 歩き方の確認


1:膝こりの確認

膝関節周囲を触診して、膝こりがどの程度の状態か調べます。

膝こりがあると触診時に痛みを感じます。(正常な膝に膝こりはありません。)


2:伸展制限の確認

膝痛の患者さんは膝が伸びきらないことがあります。

この伸展制限がどの程度なのか調べます。

3:屈曲制限の確認

膝を曲げた時に支障がないかチェックします。

正座ができれば合格です。うつ伏せになって膝を曲げてかかとがお尻に付けば更にOKです。

正座が不可であれば屈曲制限があります。

膝蓋骨(膝のお皿)の可動性も合わせて見ます。自由度が高ければOKです。

4:O脚X脚の確認

直立した状態で、内もも、膝、ふくらはぎ、くるぶしの隙間を確認します。

どの位置で隙間があるかを見ることでO脚X脚の程度を知ることが出来ます。

5:歩き方の確認

歩き方が膝に負担を掛けていないか調べます。

以上、5つのポイントを調べることで膝関節にかかっている負担のレベルを知ることが出来ます。
(チェックポイントが多ければ多いほど膝にかかっている負担は大となります)

膝痛の施術は、これらのデータをもとにして行います。

施術料金

現在、予約が込み合っているため施術を希望される方はお早めにご連絡をお願いいたします。

初回(問診+検査+近赤外線療法+整体) 15,000円
二回目以降(近赤外線療法+整体) 8,000円(両側12,000円)
初回の所要時間は約90分となります。

施術料金について詳しくは料金ページをご覧ください。

当院の整体プログラムで新たな可能性を試してみませんか?


治療の最終手段である人工関節手術を受けている患者さんの多くは整形外科で治療を受けられていました。

これは、すなわち悪化を防ぐことが出来ていないことを意味します。

この理由については、膝の痛みに大きく関わっている筋肉の問題が考慮されていないのが原因だったことがお分かりになられたと思います。

そして、筋肉が原因の痛みは放っておいても改善することはなく、むしろ生活への支障が大きくなっていきます。

もし、あなたがこれまでの治療に満足できていない、他に良い方法がないかとお探しなら、

「もっと早く来ればよかった。」「もっと早く知りたかった。」

こんな声を多くの方から頂いている当院の整体を試してみて下さい。

あなたの辛い症状が一日でも早く改善されるよう私がサポートいたします!

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ