江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


アトピー性皮膚炎にステロイドはいらない

2014・9・23 江南市民文化会館にて「赤ちゃん・子どものアトピー勉強会」に参加してまいりました。

講師には、阪南中央病院 佐藤健二先生 佐藤小児科 佐藤美津子先生

パネリストには、岩田皮膚科 岩田忠俊先生 ささい小児科 笹井和雄先生

合計4名のドクターを交えての勉強会となりました。

司会者の方も医師で、ご自身の子供さんをステロイドを使用しないでアトピーを治された方でした。

参加した感想は、結論から申し上げるととてもよかったです。先生方の書籍を読んでいたので概要は掴んでいましたが、それ以上に深く頭に入ってきました。

アトピー治療のガイドラインが、言うほどの結果を出していないこと。
ステロイドはアトピーを治していないこと。
不使用の方が、改善期間が短いこと。
脱ステロイドするなら早期であればあるほど良いこと。
掻くことを我慢させないこと。
アトピーは自然治癒する病気であること。


また、入院治療については、先生の方から「大したことはしていない」「正しい生活習慣を送るだけ」という言葉に「やはりこれかっ」という思いをさらに強めました。

アトピーを治すための「治療」は存在せず、あるのは、自然治癒による改善が全てであるということです。

医療は、そのためのバックアップとしての役割を果たしているだけです。

つまり、アトピーには、正しい生活習慣を送ることが最も大切な治療でもあるのです。

ですから、健康的な生活を送れば、アトピーは自然と治まってくるということです。

それを阻んでいるのが「ステロイド」なのです。

よかれと薬を使用することが、そうではなかったんです。

これは、これまでの常識と全く真逆なので、一般の方はすぐに理解できないかもしれません。

しかし、薬で一時的に改善はしても結局は治りきらないことは、多くの患者さんが実感しているはずです。

帰りに、アイアイの加藤さんとお話をしたのですが、加藤さん自身もアトピーを自然治癒で克服した一人です。

加藤さん曰く「まだこの段階なのか」と。

加藤さん自身は、ステロイドと縁を切って約20年が経過しているわけですが、講演会を聞いてその当時と状況があまり変わっていないことに驚かれていました。

それほど、常識の壁(アトピーは薬で治すもの)が厚いということなのでしょう。

アトピーに限らず、他の病気についても同じです。当院で扱う慢性痛も同じです。

薬で病気を治すことは出来ないのに、それを求めてしまっているからゴールは見えてこないまま。

答えは、自分自身の体の内にあるのにそれに気づかない。

これは、本当にもったいないことです。

答えは、常識の中にはなく外にある。

今回の勉強会は、改めてそれを強く実感させられました。

当院の参考症例
赤ちゃんのケース
大人のケース



自然治癒力を引き出すことに目を向けよう!

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ