江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


大腿骨頭壊死でも痛みは治せる

■大腿骨頭壊死と言われてもあきらめない
『愛知県江南市の慢性痛専門整体院‐爽快館』

大腿骨頭壊死という病気を知っていますか?

最近では俳優の坂口憲二さんが、この病気の治療のために休業されていました。

坂口さんは、この病気が発覚する前から股関節に痛みがあって病院で治療を受けていましたが、原因がよく分からないということで痛み止めを飲んで過ごされていたようです。

この坂口さんもそうですが、ほとんどの股関節痛患者さんは発症した当初痛み止めで様子見されるのが通常のパターンです。

あなたもそんな経験ありませんか?

お医者さんから「痛み止めで様子を見てください。」と。

私はこの段階から筋肉の問題に対処していたらどれだけの人が病気を進行させずに済むのだろうかと思わずにはいられません。

また、私はこの痛み止めが股関節痛の進行を食い止めることに役に立つどころか、場合によっては悪化を助長させている気がしてなりません。

なぜなら、痛みは意味もなく発生しているのではなく体に問題があることの証でもあるからです。

その痛みをただ抑えることに何の意味があるのでしょうか。

痛みは治まっても原因は何も解決していません。

原因が治らないまま痛みが止まって体を動かすことが出来たらかえって反動が来るじゃありませんか。

原因を一緒に治しながら痛み止めを使うならまだ分かります。

しかし、原因治療が一緒に行われることはまずありません。

そうなると、確実に病気は進行して悪化すればするほど、痛み止めが効かなくなってくるのは当然の流れです。

で、結果的に症状は悪化して最終的に「手術」というところまで来てしまうのです。

大腿骨頭壊死も同じ流れ


大腿骨頭壊死の初期の頃は他の股関節痛と同じ治療法が選択されます。

痛み止め、リハビリ、筋トレ

そして、それらの処置で痛みが治まらなかったら「手術」という方法が勧められます。

しかし、この大腿骨頭壊死でさえ当院の施術によって痛みを改善させている事実があります。

医学的にも骨頭が壊死しているからといって痛みにつながるわけではないという考えはあります。

では、患者さんの痛みはどこからきているのでしょうか?

股関節痛は軟骨や骨に注目がいくあまり筋肉の問題は見落とされています。

この大腿骨頭壊死も筋肉の健康改善で痛みが改善するなら同じ原因が絡んでいるのではないでしょうか?

しかし、骨ばかり注目されるので筋肉の問題は放置されているのが現状です。

筋肉の問題とは筋力が衰えているということではありません。

筋肉が健康ではないという状態です。
(だから痛くなる)

この筋肉を診る視点が必要だというのが私の考えです。

しかし、医療の現場では違う。

これは、近所の整形外科だけの話ではありません。

基幹病院や大学病院、総合病院までもが同じです。

投薬治療から始まって手術に至るまでの流れが決まっているから筋肉の手当ては一切ないのです。

ここが股関節治療最大の問題点と言えるところです。

医師はこれまでの経験で股関節痛は最終的に手術に行きつくことが分かっています。

だから、初診の段階で患者さんの病状が軽度でも「いずれ手術ですね。」と簡単にその言葉を口にすることがあります。

これは何を意味しているかというと、手術というものが既定路線になっているということです。

病気が初期だろうが進行期だろうが時期は問わずに手術ありきで話が進むのです。

つまり、本来なら見落とされている筋肉の問題に着手していれば手術を受けることなく改善する可能性だってあるはずです。

それが、筋肉の問題の見落としによってその機会を奪っているのです。

大腿骨頭壊死も状況は同じと考えていいと思います。

壊死以外の要素で痛みが出ているなら、その部分の治療をするべきです。

それによって、痛みが改善するなら患者さんにとって喜ばしいことではありませんか。

手術に至るまでの期間、鎮痛薬を飲んでただ痛みを我慢するだけというのは辛すぎます。

また、手術に至った場合、体の負担になりますし、手術を受けても改善の保証はありません。

一時的に良くなったとしても原因は変わっていないので痛みが再発して当院へ来院されるケースもあります。

私はこの股関節治療の常識を変えたい。

akushu.jpg

筋肉の手当てによって股関節痛が改善する可能性を伝えていきたい。

もちろん、手術療法そのものを否定しているのではありません。

手術以外にも痛みを改善できる可能性があるなら、それを選択肢に含めてもいいのではという話です。

ほとんどの患者さんはその可能性すら知らないのだから。



股関節治療の常識を変えていきます

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ