江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


慢性痛克服には意識改革が効果的!

今回のブログは非常に大切な内容です。

慢性痛改善の根幹といっても過言ではないかもしれません。

頑固な腰痛、股関節痛、坐骨神経痛などの慢性痛を抱えている方の中には、色々な病院、治療院などに通い続けている方が多くいらっしゃいます。

どうして、通い続けているにもかかわらず痛みが改善していかないのでしょうか。

これは、痛みの原因についての考え方が間違っているからとHPやブログで訴えてきた通りになりますが、今回は、それ以外の面について慢性痛が改善していかないある大事な理由について考えていきたいと思います。

慢性痛というのは、言葉の通り痛みが長い期間にわたって続くことを言います。

では、その慢性痛はいつから始まったのでしょうか?

3年前?10年前? もしかして、生まれつきとか?

まさか、生まれつきなんてことはありませんよね。

少なくとも、幼少の頃には慢性痛なんてものとは無縁だったはずです。

大抵が、成人以降の話だと思います。
(患者さんの中には十代のころからある方もいますが)

ということは、痛みをわずらっていない期間があったということですね。

私は、このわずらっていない期間が長ければ長いほど治る可能性も高いとみています。

反対に、慢性痛を感じている期間が長くなるほど治る可能性は低くなると言えます。

ただし、これはある条件を変えることで、この低い可能性を高めることができます。

それは、意識改革と行動様式の変化です。

簡単に言ってしまえば、ものの考え方と生活習慣を変えるということです。

人の体には、自然治癒力が備わっていて、日々健康的に過ごせるようそのメカニズムが常に働いています。

その力が常に働いているにもかかわらず、慢性痛が改善しないということは、自然治癒力が痛みを改善させるまでに及んでいないことになります。

では、何がその自然治癒力を低下させてしまっているのでしょうか?

私たちは、毎日何かしら考え、その考えを基にして行動しています。

そして、その考え方、行動は一つのパターンになって毎日の習慣になっています。

ということは、現在、慢性痛をわずらっているということは、毎日のパターンが慢性痛を引き寄せるパターンになっているということです。

分かりやすい例を挙げてみましょう。

標準体重を大きくオーバーした人の食生活はどのようなものになっていると思いますか?

決して、質素なものではありませんよね。

太るには太る理由があります。

実は、慢性痛にもこれと似た要素があるのです。

慢性痛がいつまでも続くということは、それらを引き寄せるパターンを知らず知らずに歩んでいます。

そうなんです。 知らず知らずにです。

人間の体にはある程度の耐性があって、少々な事ではすぐに悪くなることはありません。

しかし、チリも積もれば山となるように徐々にその影響が積み重ねられていきます。

そして、それが限界点に達したとき「慢性痛」が始まるのです。

ですが、ほとんどの人はそれが「過去」から始まったものだとは気づかなく、痛みを感じた「現在」がスタート地点だと思っています。

しかも、そのスタート地点ですら、「まだ、これくらいならいいだろう」とその問題を放置してしまう場合が多いです。

そして、治療を開始した時点でも慢性痛を引き寄せてしまった習慣はそのままですし、そこに原因があるかもしれないと気付く人も皆無です。

これが、慢性痛を慢性痛であり続けさせる要因の一つなのです。

しかがって、治療法のみが改善の決め手ではありません。

人のそれぞれの在り方も、とても大切な要因なのです。



意識改革で治癒への距離が近くなる!

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ