江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


椎間板ヘルニアの手術が失敗?

いろんな患者さんと会話をしていると、こういった話を度々聞きます。

「友人が椎間板ヘルニアの手術を受けたのですが痛みは治らなかったと言っていました。」 

そして、こういった話を耳にしているから自分が同じ立場になっても手術を受ける気にはなれないと。

確かにそうですね。

身近な人がそのような状況であることを知ったら同じ立場になっても二の足を踏むのは当然だと思います。

ここで一つ疑問です。

なぜ手術を受けたにもかかわらず治らないのでしょうか。

椎間板ヘルニアにはよく聞く話です。

手術が失敗したから?

もし、そうだとしたら大変なことです。

失敗だらけの手術なんて大問題ですから手術そのものが失敗しているとは思えません。

手術でヘルニア自体は切除できているのになぜか症状は変わらない。

こういう事だと思います。

つまり、ヘルニアを切除する手術そのものは成功しているのに肝心の痛みは取れていないということです。

ですから、痛みが取れなくてもこれ以上は何もすることが出来なくなります。

痛みの原因とされているヘルニアは切除して無くなったわけですからね。

でも、患者さんの痛みはそのままです。

どうしたら良いのでしょうか?

「ヘルニアが神経を圧迫して痛いのだからそれを取り除けばよい。」

そもそも、この考え方が間違っているので手術をしても治らないのはある意味当然の結果ともいえます。

痛みの原因はヘルニアなんかには無いのですから。

神経を圧迫したら痛みが出るのではなくて本当はマヒが起こります。

中枢神経である脊髄神経に本当に圧迫が加わっていたら、その部位以下の機能はすべて停止します。

ですが、実際はそうではありませんね。

ヘルニアに圧迫されていても手足は動かすことが出来ます。

感覚だってあります。

これが、神経の圧迫ではない何よりの証拠。

「神経が圧迫されるから痛い。」

この定説に医学的な根拠は全くなく、単なるイメージがそのまま正しいこととして定着しているだけなんです。

ですから、手術で痛みが取れないからといって悲観する必要はなく、別の方法で痛みを取ることが出来るのです。

以前、ヘルニアの手術でこんな失敗例がありました。

手術の際に動脈を傷つけ、血の塊が神経を圧迫したためにマヒ症状が出たそうです。

あれ?おかしいですよね。

ヘルニアで圧迫したら痛みが出るとされているのに、血の塊で圧迫したらマヒが起こるのですか。

圧迫するものが変わると症状も変わる??

実際は、これはおかしいことでも何でもなく、これが本当の神経圧迫症状なんです。

皮肉なことに手術の失敗でそれを再現してしまったというわけです。

このように、リスクを伴う手術をしなくてもヘルニアが原因とされる痛みは治ります。

ただし、それは既存の方法から脱却した時に限定されますが・・・。



ヘルニアを治すためにはヘルニアを忘れること

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ