江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


食事の質を高めるコツ

食生活を改善することが生活習慣病の改善につながるという認識が徐々に広まりつつあります。

これは、薬を飲むだけでは病気は良くならないと気付き始めた人が増えてきているからだと思います。

今日は、食生活を変えて体質改善を図ろうとしている人たちのためにちょっとしたアドバイスをしたいと思います。

それでは、健康にいいとされている豆腐を例にあげてみますね。

ヘルシー食品の代表的存在である豆腐。

私も豆腐は好きですし、ほぼ毎日食しています。

しかし、豆腐は豆に含まれている栄養をすべて取り込んでいるかと言えばそうではなく、ある意味「贅沢」な食べ物です。

それは、豆腐を作るためには、豆の一部をそぎ落とさなければ作れないものだからです。

豆腐そのものはヘルシーな食品に間違いありません。

ただ、豆の栄養を全部取り込んでいるのかというとそうではないのです。

お豆腐屋さんには、「おから」も同じように販売されていますよね。

この「おから」を合わせてこそ、豆をすべていただくことにつながるのではないでしょうか。

ということで、体の為に豆腐を食べるのはいいことなのですが、たまには「おから」も食べてみましょう!

バランスの良い食事というと、どうしても品目に目が行きがちですが、素材そのものを丸ごといただくことに目を向けてみるのが大切なんです。

皆が食べている白米もパンも、食べやすくするために栄養を落としています。

玄米であれば丸ごと栄養を摂りいれることが出来ますし、白米にするために落としてしまった栄養を別のもので補う必要性も少なくなります。

丸ごと食べるという観点からみると、魚も切り身より頭からしっぽまで食べれる小魚の方がいいということになります。

野菜もスーパーで売られているものは葉っぱが切り落とされているものばかりです。(大根、ニンジンなど)

これは、鮮度を保つためにはある意味仕方がないことなんですが、葉にもまた違った栄養分が含まれているのですから、それを捨ててしまうのはやっぱりもったいないような気がします。

私がここで伝えたい食事の質を高めるコツというのは、それぞれの食材の美味しいところだけを食してもそれは本当の意味で「バランスの良い食事」と言えるのかということです。

品目が多ければそれだけ不足分はなくなりますが費用はそれだけ掛かります。

それなら、食べられるものは丸ごといただいてしまった方がいいと思うのです。

これは、道徳的な観念になってしまいますが「命をいただく」わけですし、こんな飽食の時代がいつまでも続くとは思えません。

食材を無駄にしない食べ方も食事の質を高めることにつながると私は考えています。



捨てる神にならず拾う神になりましょう。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ