江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


股関節痛治療のもう一つの可能性

私が股関節痛を改善させるために選択している方法は、現在主流となっている考え方とは異なり、また施術スタイルもそれに沿ったものとなっております。

股関節痛の大半は、筋肉が痛みの発生源であるとブログで何度も取り上げておりますが、現実問題としてまだそのことが広まっているとは言えない状況にあります。

その一番の理由は、骨、軟骨信仰があまりにも強いことが挙げられます。

ほとんどの医療機関では、股関節痛の原因が「骨と軟骨」にあると患者さんに伝えています。

筋肉に痛みの原因があるという考え方も一部の医療機関で言われてはいるのですが、それ以上に間違った考え方を伝えている件数の方が多いので、どうしても正しい声がかき消されてしまうんですね。

私が行っている施術はもう一つの可能性です。

現行の医療制度のもとで行われている治療が全ての可能性を試しているかと言えばそうではありません。

その試し切れていない方法が筋肉に施術を行うことです。

全ての人に有効であるとはいいませんが、筋肉の施術を行うことで痛みが取れる人が実際にいるのです。

それならば、その方法を試してみるのは間違っているでしょうか。

痛みの原因を骨と軟骨にあると診断され、手術までその痛みを改善できないまま待ち続けるだけなんて私でしたら耐えられません。

患者さんも同じはずです。 

耐えたくて耐えているわけではないのです。

他に方法があるのなら私ならチャレンジしてみたい。

その選択肢の一つが筋肉の改善を中心とした新しい考え方です。

また、手術をしても痛みに変化が無いのだとしたら、股関節周囲の筋緊張を取り除くことで痛みが緩和する可能性は高いと言えます。

手術で股関節内部の環境を変えることは出来ても、その周囲は筋解離という手術を施さない限り改善させることは出来ません。

術後の調子がよくない場合こそ、筋肉を緩めてみる価値があると思うのです。

筋肉を中心とした考え方はまだマイノリティーですが、いずれはスタンダードな考え方へと変わっていくことでしょう。

そのためにも、軟部組織の治療に目を向ける先生がもっと増えなければいけません。

そして、もっと多くの人に股関節痛の間違った常識を知ってもらわなければいけないのです。



医療側の意識改革が必要

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ