江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


健康食品で痛みが消える!?

患者さんからの質問に、

「テレビなどで宣伝している軟骨の健康食品って効くの?」

「ヒアルロン酸を飲めば軟骨が増えるのですか?」 など、軟骨に関する健康食品の質問があります。

私の答えは一貫してNOで、その理由を説明するとみなさん納得されます。

中には、過去に飲んでいた人も少なくないため、その効果については自分でも体験しているのでよく分かるそうです。

しかし、その時はわらにもすがる思いなので冷静に考えることもできず、宣伝文句をそのまま受け取ってしまったそうです。

患者さんは一般人なので、言われた宣伝文句をそのまま受け取ってしまう方も少なくありません。

事の真偽を見極めるような専門的知識がないので仕方がないのですね。

もし、そんな素晴らしい商品なら高い広告料と出演料を使って宣伝しなくても口コミで広がるでしょうし、本当に痛みが解消されるなら、医療機関が放っておきませんよね。

また、効いているような気がしている場合はある意味プラセボの領域止まりです。

そもそも、健康食品が効く効かないの前に、軟骨に関する情報自体が正しく伝わっていません。

軟骨そのものには知覚神経は存在しない。

軟骨の増減で痛みに変化が出る医学的根拠は存在しない。

これを前提として考えると、軟骨成分を健康食品で摂取する意義がどれほどあるのか・・・。

軟骨成分を摂取して痛みが取れると主張している業者さんは、どのような医学的根拠でそのようなことを述べているのでしょうか。

それを考えると、整形外科で行われている膝関節へのヒアルロン酸注射も同じような気もしてしまいますが・・・。

年齢とともに減るとされる軟骨。

では、年齢とともに減るとされる軟骨は本当に年齢だけの要素で減っていくのでしょうか。

答えは違いますね。

軟骨は代謝が低下したとき、徐々に減り始めていくのです。

これは、見た目だけではいかにも軟骨が「すり減っている」ように見えます。

本当は「すり減っている」わけではないのに。

関節軟骨が減る=すり減る ではないのです。

しかし、医療関係者も含めて 軟骨が減る=すり減る と誤解しています。

この誤解が軟骨のケアにおいて一番問題なのかもしれません。



健康食品よりも体の手入れに目を向けよう

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ