江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


アトピー治療・不安心理の背景にあるもの

関東から患者さんがアトピー性皮膚炎改善のため泊まり込みで施術を受けに来られていました。

症状を改善させるためには、長期的な取り組みが必要なので、当院での施術指導はそのきっかけづくりという位置づけになります。

アトピー性皮膚炎を改善させるためには、何と言っても生活習慣の見直しがとても重要な課題になります。

アトピーに限らず、その他の生活習慣病でもそれは同じです。

しかし、多くの方は生活習慣の改善よりも「薬やサプリメント」などに目が向きがちです。

何を塗れば・・・、何を飲めば・・・。

もちろん、薬やサプリメントに目を向けること自体は悪くありません。

しかし、一番肝心な「自然治癒力はどこからもたらされるのか」という視点が抜け落ちている限り、それらの努力は水の泡になってしまうのです。

病気を治すベースとなるものは、自然治癒力の上に成り立っています。

その自然治癒力を引き出すためには何が必要なのか?

アトピー性皮膚炎が知られていない時代はどのような生活習慣だったのか?

なぜ、現代において急激な増加が見られるようになったのか?

ここに焦点を当てることで、少しずつ答えが出てきます。

現代医学では、アトピー性皮膚炎の原因と治療法、共に明確な答えは出ておりません。

つまり、それは病院では「治すことができない」ことを意味しています。

あくまでも、薬物による対症療法が治療の主役となっているわけです。
(この対症療法が問題の争点となっている)

ですから、多くの患者さんが未だに悩み続け、病院を転々として中には怪しげな療法にまで手を付けてしまうことさえあるのです。

医師の中には、これらの行為に対してとても嫌悪感を示すことがありますが、その行為に至るまでにあった問題に目を向けることはありません。

そのようなものに手を出してしまうほど、患者さんの心は冷静でなくなっているということではないでしょうか?

そんな状態の患者さんを救うのが医療の役割のはずでは?

そういった状態の患者さんにマニュアル通りの処方は何ら役に立たないばかりか不信感をさらに助長させることになるだけです。

病院を転々としている患者さんの多くはステロイド療法に対して良い印象を持っていません。

患者さんは、なぜステロイドの処方に対して難色を示すのでしょうか?

それは、この薬を使って治るという確証を持てないからです。

つまり、不安なのです。

この薬を使って治るという確証がもてるのなら、患者さんはそのような反応を示すことはないでしょう。

では、そういった患者さんに対して、処方する側はどういう態度を取っているでしょうか?

「この薬は大丈夫。」「正しく使えば安全。」として、あくまでも使用を勧めます。

こんなことを言われて信じることが出来るでしょうか?

「何をもって大丈夫なのか?」「何が安全なのか?」

大丈夫で安全なら、どうしてステロイド皮膚症という副作用が出てくるのでしょう。

なぜ、未だに多くの患者さんが悩まされているのでしょう。

大丈夫で安全ではないから患者さんは「不安」なのです。

それに対して安全をごり押ししても意味がありません。というより、ますます信頼を失うことになっているのです。

医師の中には、この問題に真摯に取り組み「医療」を行っている先生がいらっしゃいます。ただ、そういった先生は少ないというのが残念なところですが。

やはり、医療といえども経営という問題が根っこにあるからでしょうか。

滞在されていた患者さんには、アトピーも含めて、病気を治すというのはどういうことなのかをお伝えしました。

アトピーのない時代は、アトピーにならないための努力をしていたわけではありません。

知らず知らずのうちに、アトピーにならない生活習慣を送っていただけなんです。

自然治癒力を高める方法はとてもシンプルです。

ただ、シンプルすぎてその重要性に気付いてもらいにくいというのが歯がゆいところですが。



処方する側が薬を使うのではなく、処方される側が薬を使う。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ