江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


骨原因説は限界にきている

高齢者が整形外科で腰痛の検査をした際、「骨の変形が痛みの原因です」と診断されることはよくあります。

変形性脊椎症、脊柱管狭窄症、圧迫骨折による側弯など。

骨の変形が痛みの原因であると診断しているのだから、その変形を治さない限り痛みは治らないことになります。

そして、その治療も骨の変形を治すものでなければいけません。

しかし、実際はどうでしょうか?

骨の変形が痛みの原因であるとしていながら、すぐに骨の変形を治す治療が行われることはほとんどありません。

骨の変形を治す手段は「手術」のみになりますが、この手術自体行われるのが少ないというのはどういうことでしょうか。

そして、手術以外の治療は何のために行われているのでしょうか?

鎮痛剤を使っても骨の変形は治りません。
低周波を当てても骨の変形は治りません。
ホットパックで温めても骨の変形は治りません。
マッサージをしても骨の変形は治りません。


手術以外の治療で骨の変形は治せないのです。

それにもかかわらず、毎日手術以外の治療が指示されています。

私はこれが不思議でなりません。

骨が原因としておきながら、その骨の治療をしないのは治療していないと同義ではないでしょうか。

私が施術で筋肉をゆるめるのは、筋肉に痛みの原因があるとしているからです。

もちろん、骨の変形が痛みの原因であるという主張をすること自体は問題ありません。

問題なのは、その主張にスジが通っていないというところにあります。

骨の変形が痛みの原因とするのなら、その変形を治すのがスジというものではないでしょうか?




骨原因説はそろそろ限界がきているようです。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ