江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


痛みの原因を知らない専門医

みなさんは「専門医」という言葉について、どのような印象をお持ちですか?

スペシャリスト、特別な医師など、専門という名が付くぐらいですから何やら凄そうな印象はあるかと思います。

しかし、その専門医が、みなさんが想像する「専門医」とはかけ離れたものだったとしたらどう思いますか?

これは、私が実際に患者さんから聞いた話ですが、あまりにもひどいというか、よくこんな状態で手術をしているなと、ある意味ホラー映画以上の怖さを感じました。

知らぬが仏とはまさにこのこと。

いや、知らないばかりに不利益を被っている人もいるはずですなので知った方がいいですね。この場合は。

患者さんは、病院へ行くのは体に不快な症状があるから、その不快な症状を何とかしてほしくて病院へ行きます。

その症状が痛みであれば、その痛みを治してほしくて行くわけです。

別に、手術をしてほしくて行くわけではないです。

手術を選択するのは、そのことによって痛みから解放されると思うからです。

痛みが治らないと分かれば、そんな手術は受けません。

そして、手術を勧めるからには、その医師は痛みの原因をしっかり把握しているから勧めるのだろうと患者さんは思うはずです。

というよりも、それが前提であり当たり前ですよね。 

痛みの原因が分からないまま手術をするなんて考えられません。当然です。

しかしですよ。

私が聞いた話では、このまさかのことが現実に起きているのです。

具体的な話をすると、変形性疾患を抱えている患者さんが、ある専門医を紹介されて受診したわけです。

とは言っても、専門医を受診するまで日にちが開いていたので、痛みをなんとかしたくて当院へ先に来ることになりました。

当院では、ホームページでも伝えている内容に沿って、施術及び自己療法の説明を行いました。

その後、辛い痛みは改善されてきたわけですが、専門医の見解も知りたかったので診察をキャンセルせずに受けてみる事にしました。

私もそれを勧めました。

そこで私は、メモを渡して、この質問内容にしっかりと答えることが出来たら信用できる医師だと思います。と患者さんには伝えました。

後日、患者さんは専門医を受診して、その時の印象を私に話してくれました。

「想像以上にひどかったです。」

私は思わず「えっ。」と聞き返しました。

「なにがひどかったのですか?」

レントゲンを見るなり、開口一番「手術です。」と言われたそうです。

「私は、現時点で痛みはありませんがこれでも手術の対象ですか?」と尋ねると対象とのことで、なんでも変形性疾患は年々悪くなるから早めにした方が良いとのこと。

今なら、自骨手術が間に合うけど、一年後は「人工関節」です。と、きっぱり言われたそうです。

この患者さんは、現在運動もできるし、体力、筋力も同世代の人よりも上です。しかも、痛みはコントロールできるようになっているにもかかわらずです。

専門医患者さんの会話より*

「関節は軟骨が減っているから痛いのではありません。」

「では、何で痛みが出るんですか?」

「関節に不具合が出ているから。」

「不具合って何ですか?」

「とにかく、あなたの軟骨は減っているから手術をしなくてはいけません!」(お茶を濁したような回答ではっきりと原因を答えられなかったそうです。)

「今は痛くないんですが・・・。」

「それでも、あなたには必要です。」「自骨手術のリミットが近づいています。」「一年後は人工関節です。」と手術の必要性をまくしたてられたそうです。

「ただ、自骨手術をしても良くならない人がいるけどね。」

(よくならないんだ・・・)「それは何故ですか?」

「理由は、よく分からないけど不具合が出ているからでしょ。」

(こんな状態でも手術を勧めるんだ)「人工関節にしても痛みが治らない人がいるのはなぜですか?」

「不具合が出ているからでしょ。」

(不具合って何?その不具合が何なのか教えてほしいのに)

治らないのは、全て不具合で片づけられたそうです。

「骨の変形があるにもかかわらず痛みが無い人もいますが、それはなぜ痛くないのですか?」

「そんなのは知らない、僕は痛い人しか診ていないから分からない。」

だそうです。

痛みの原因に、筋肉の「き」の字も出てこないばかりか、痛みの原因さえもよく分かっていないまま。

事前に当院の考えを患者さんに伝えていたので、この医師が痛みの原因をしっかりと把握していないにもかかわらず手術を勧める事に呆れてしまったそうです。

しかし、痛みの原因に筋肉が関係していると知らなかったら、患者さんは手術を受けていたかもしれないと教えてくれました。

それぐらい、威圧的に説かれたそうです。

ですから、この勢いに負けて手術を受けた人は大勢いるかもしれません。

私は、さすがに専門医となれば多少は筋肉の話が出てきても良いと思っていたのですが、実際はそうではなかったのです。

これは、そこら辺の小さな病院での話ではありません。

この地方に住む方であれば、誰もが知っている病院での話です。

私からすれば、こんな状態で手術が行われていることにある意味恐怖を感じました。

これが、関節疾患(痛み)を取り巻く、痛み治療の実態なんです。

専門医だからと言って、全てを把握しているわけではないのです。

これでは、患者さんが減るはずもありません。減るどころか、かえって悪くなってることもあるはずです。

手術で良くなったのは運が良かっただけ!?それとも、いずれまた・・・。

私は、一連の話を聞いて、ますます痛みの真実を伝える必要性を感じました。

それにしても、いい加減すぎるというか、あまりにもお粗末すぎて知らない人が聞いたらまず信じてもらえないでしょうね。

それくらいひどい話だと思います。



この場合の「専門医」とは、手術が専門であって痛みを治す専門ではありません。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ