江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


シップを貼り続けると余計に悪くなる

シップは消炎鎮痛剤であり、炎症が無い限り貼っても意味が無く、貼れば貼るほど患部の環境は悪くなります。

これは、高齢の患者さんに特に多く、毎日まめにシップを貼られています。

もちろん、病院でシップが出されるから貼るわけで、それで良くなると思うから貼るわけです。

これが、真逆の作用を及ぼすなんて信じられないと思います。(病院が間違ったことをしているなんて信じられないと同義)

しかし、薬理的な作用を考えれば、貼らない方がいいという理由について理解できると思います。

実は、慢性痛のほとんどに炎症はありません。

炎症どころか、その逆です。 阻血状態になっています。

つまり、血行が悪くなっているということです。

なぜ、消炎鎮痛剤が炎症に有効なのかと言えば、血管の拡張を抑える働きを持っているからです。

炎症には、腫れが伴います。それは、血管が拡張していることを意味します。

血液が集まっているから熱を持ちます。赤くも見えます。

それを抑え込むから消炎鎮痛剤なのです。

慢性痛に消炎鎮痛剤を用いることは、冷えた体に冷や水を浴びせる事に似ています。

まずます、血流が悪くなります。痛みは治りません。当然です。

しかし、患者さんは、そんな薬理作用があるなんて知らないので真面目な人ほど貼り続けます。

治らないから、治そうとして貼り続けます。

一刻は良さそうな気がしても、また痛くなります。

また貼り続けます。 さらに痛くなります。

そして、またまた貼り続けます。

さらにさらに・・・・。

患者さんは治りませんが、シップ屋さんは儲かります。

これは、笑えないコントです。

しかし、これと同じような状況が日本全国至るところで起きているのではないでしょうか?

慢性痛は、血流を回復しない限り治りません。

というより、血流を悪くして治る病気もありません。

貼るなら、貼るカイロ。温泉ならサイコーです。♨

温感シップも、薬理作用は「消炎鎮痛剤」と書いてある限り同じなので推奨できません。

痛みの治療には、間違ったことが「正しいもの」として行われていることがありますので注意が必要です。



治したければシップは止めよう

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ