江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


欠落医療の責任は大きい

「骨には異常ありません。」

「悪い所はありません。」

「これ以上何もすることはありません。」


先日、来院された患者さんは体に痛みを抱えているにもかかわらず、整形外科医からこのように告げられました。

レントゲンやMRIなどによる画像検査で異常がでなかったら異常なし。

いやいや、体に異常があるから痛いと思うのですが。

それを、画像で異常が見当たらないから異常なしって。

しかも、「痛かったら動かさないように使わないように」とアドバイスされたことで、それを真面目に実行した結果、体力は落ち痛みは治るどころかますます悪化の一途を辿ってしまいました。

これって、本当にひどい話ですが、実は珍しいことではありません。

当院に来院される患者さんからも同じような話は聞きます。

「骨には異常ありません。」と言われるだけで治療してもらえませんでしたと。

これは、痛み医療の実態を如実に表しています。

画像に写るもののみに興味を示し、画像に写らないものには痛みの原因はないと決めつけ診断を下す。

これって、欠落医療そのものです。

本当は画像に映らないものにも痛みの原因はあります。

しかし、ほとんどの医療機関ではそれに目を向けようとしない。(そもそも気づいていないという事情もありますが)

そして、患者さんはそんな事情があるとは知らないので、医師がそのように告げればそうなんだと納得せざるを得ない。

「いや、先生、そんなことないんじゃないですか?」と、疑問を問える患者さんがどれだけいるでしょうか。

ほとんどの患者さんは、医師の診断に従うしかないのです。

というよりも、医師の言葉を信用しているので、その言葉を受け入れるわけです。

健康上の問題は、その人の今後の人生を左右させるくらい重要な問題です。

しかし、それが欠落医療からもたらされたものだとしたらどうでしょうか。

悲劇としか言いようがありません。

しかも、そんなことがあちらこちらの病院で行われている。

事情を知っている私から見ると恐ろしすぎる現状です。

痛みに悩まされている人は多いですからね。

そんな人たちが間違った診断を受け日々を過ごしているのです。

もしかしたら、あなたもその一人かもしれません。

正しい治療を受ければ治ったかもしれない人が、欠落医療によって不自由な生活を送っているかと思うと・・・。

こんな状況を少しでも変えたい。

ご縁のあった人たちは、そんな状況から一歩ずつ抜け出し始めています。



筋肉に目を向けない限り痛みは治せない

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ