江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


骨に変形があれば手術、なければ原因不明

■手術と言われたあなたへ【愛知県江南市の慢性痛専門整体院‐爽快館】

膝や股関節の痛みは大変誤解されやすい症状です。

このことによって、正しい治療が受けられないばかりか、全く意味のない治療を受けている可能性が非常に高い。

これは、どういう事か具体例を挙げて説明いたしますね。

ある患者さんに起きた出来事です。

この患者さんは、ある日、股関節が痛くなり日が経過しても良くならないので近くの整形外科を受診しました。

すると、レントゲンには異常がないという事でとりあえず「痛みの止めの薬とシップ」を処方されました。

しかし、薬はただのその場しのぎですから、痛みが治るはずも無く。

その後も病院に通うものの、骨には問題がないのでそれ以上の治療はありませんでした。

そして、日常生活で杖が必要になるほど悪化してきたことから、少し離れた他の整形外科を受診してみることにしました。

すると、そこでも異常がないという事で治療は何もありませんでした。

病院側の見解では原因不明とのこと。

レントゲンに異常がないのに、なぜ痛むのかその理由が分からないのだそうです。

では、骨に変形が見つかった場合はどうでしょうか?

関節痛を患って、当院に来院されている患者さんのほとんどは病院で「手術」を提示されていました。

「すぐに手術か、いずれ手術か」時期の違いだけで「手術」を勧められた点では同じでした。

骨に変形があれば手術、なければ原因不明。

実はこれ、関節痛治療における大変重要な問題が隠されています。

それは、診察では「骨」しか診ていないという点です。

ほとんどの病院では、レントゲンを頼りに診断を下しています。

しかし、痛みの原因はレントゲンに写らないところにあります。

むしろ、こちらの方が治療には重要です。

それは、このブログで何度もお伝えしている「筋肉」です。

しかし、ほとんどの医療機関では、筋肉の存在を軽視又は診ようともしません。

つまり、筋肉由来の慢性痛はほとんど無視されている状態なのです。

それはすなわち、病院に通っているにもかかわらず肝心な筋肉は治療してもらえない事を意味しています。

ただ、患者さんは病院を信用していますので、まさかこんなことになっているとは露にも思わないでしょう。

ここに悲劇が生まれる構図が出来上がるのです。
(悲劇=無意味な手術)



痛み治療の現場は天動説と同じ轍を踏んでいる

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ