江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


筋肉を鍛えても関節痛は治りません

■リハビリで筋トレを頑張ったら痛くなった【愛知県江南市の慢性痛専門整体院-爽快館】

股関節痛や膝関節痛を整形外科で診てもらうと「筋肉を鍛えましょう」と言われることがよくあります。

実際にリハビリメニューにも組み込まれていますし自宅療法としても指導されます。

しかし、関節痛は単に筋肉を鍛えるだけで解決するほど単純ではありません。

もっと言うと、鍛える筋肉を選ぶ必要性や筋トレをする時のフォーム、症状によって筋トレを始める時期など本来なら細かな指導が必要です。

ある意味、一人一人内容が変わるのが普通ですが、患者さんから話を聞くとそんな風に指導されている様子はほとんど無いようです。

場合によっては、紙切れ一つ渡されて「自分でやってね。」と言わたり、もっとひどいと「筋トレしといて」と言われるだけで具体的な方法は一切説明されないこともあるようです。

では、筋トレ指導をしっかりしてもらったら関節痛は改善するのでしょうか。

答えはノーです。

確かに、程度の軽いものなら改善することもありますが、長引いているものであれば筋トレだけで改善させるのは困難。

筋トレをする前にしなければいけないことがあります。

それは筋肉をゆるめることです。

「関節痛」と聞くと「骨と軟骨」だけに関心が向きますが関節痛の正体は「筋肉」にあります。

骨と軟骨ではありません。

関節拘縮が伴っている場合は、関節包などの組織も硬くなっています。

まずは、これらの組織を健康な状態へもっていくのが大切です。

筋トレは、これらの組織がある程度回復してから行うべきで、しかも筋トレメニューそのものも見直さなければいけません。

それは何故かというと、従来の筋トレメニューの中には痛みを悪化させる内容のものが含まれているからです。

ある意味、マニュアルを変える必要があるのです。

膝関節痛や股関節痛について書かれている本が書店に多く並べられていますが、間違ったことが書かれているものも多く、私が主張する筋肉の問題について書かれている本は断然少ない。

患者さんは医学のことに詳しくないので、それらの本に書かれている内容は正しいものと判断するのが普通です。

その内容を信じて実行すればどうなるか想像は難しくありません。

変化しないだけならまだしも、場合によっては悪化する可能性もあります。

筋トレは大切だけど、それ以前にもっと大切なことがある。

それは、筋肉を健康な状態に快復させ、筋トレをしても良い状態に導くことなのです。



筋トレは筋肉が健康でこそ成り立つ

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ