江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


力を抜いても凝った筋肉は緩まない

■凝った筋肉を緩める方法【愛知県江南市の慢性痛専門整体院‐爽快館】

筋肉は縮むことは出来ても自ら伸びることは出来ません。

反対側の筋肉を縮ませることで、最初に縮ませた筋肉が伸びます。
(元の位置に戻る)

これ、めっちゃ重要な話をしていますよ。

ですから、凝った筋肉は単に脱力するだけでは緩みません。

寝ても治らない
ことがあるのはそのためです。

※伸びて硬くなった筋肉は縮めて緩める!

※縮んで硬くなった筋肉は伸ばして緩める!


この二つは絶対的な法則です。

どちらの場合も凝った筋肉は放置しても緩むことはありません。

安静にしても同じ。

そのまんまです。

それがあなたの痛みの元になっている筋肉です。

コリコリになった筋肉です。

しっかりと緩むためのアプローチしてあげなければいけません。

ですから、痛み止めを飲んでも凝った筋肉はそのまんま。

電気をかけても変わりません。

温めるだけでも変わりません。

マッサージは・・・方法次第かな。

筋肉を緩めるためには緩める技術が必要です。

しかし、残念なことにその技術を教える施設がほとんどないのが現状です。

学校はたくさんありますが教えている内容が違うのですね。

このブログで何度もお伝えしていますが、慢性痛の原因が「病名」にとらわれ過ぎて、その本質を見失っているのが現状です。

私自身、自分の手技は改良に改良を重ねて今があります。

今でも、より良い方法を求めて勉強会に出席したりします。

開業したら終わりではなくいつまでも勉強です。

それに合わせて施術力も進化しています。

しかし、全ての人が完全に良くなるわけではないことも理解しています。

骨の変形度合いに「末期」があるように、筋肉にも同様のケースはあります。

硬縮のレベルが限界を超えていると改善レベルも頭打ちになってしまうのです。

そうした意味でも、できるだけ早期に筋肉の手当てを受けてほしいものです。

どんな人もいきなり末期になるのではなく、初期の段階があるのだから。



悩んでいる前に行動しよう

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ