江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


椎間板ヘルニアはなぜ早期発見、早期治療を行わないの?

椎間板ヘルニアについてのこんな疑問

とある診察室にて、

「このヘルニアなら今すぐ手術は必要ないでしょう。」

もしくは、

「このヘルニアは大きいですね、これ以上ひどくなれば手術が必要でしょう。」

このような話は、ヘルニアを経験した人なら聞いたことがあるのではないでしょうか。

片方は手術の必要がなく、もう片方は手術の可能性があるのですが、これってよくよく考えてみるととてもおかしなことです。

あなたはガンという病気を知っていますか?

ガンは一般的にはとても怖い病気として恐れられていますよね。

このガンが早期に発見された場合、普通はどうなりますか。

手術が可能であればすぐに手術するのではないでしょうか。

症状が出ていないからと言って放置しておくものではありませんよね。

症状が出なくても、悪化の恐れがある限り手術することが当然のようにして行われています。

ある意味、当たり前と言えば当たり前かもしれませんが。

それでは、これを椎間板ヘルニアに当てはめて考えてみましょう。

ヘルニアが神経を圧迫することによって痛みが生じるという理論が成り立つのなら、ヘルニアの大きさが大したことがないからといって手術をしないというのはおかしいと思いませんか?

ヘルニアが大きくなったということは、最初は小さい時があったはずです。

その小さい時に切除してしまえば、将来的には痛みに悩まされなくて済むはずです。

ガンは早期発見、早期治療が推奨されています。

椎間板ヘルニアも早期発見(小さいもの)、早期治療(手術)が必要なのではないでしょうか。

それが、実際には早期にヘルニアが見つかったとしても手術をする可能性はごくわずかです。

それどころか、症状が悪化してはじめて手術の可能性が浮上してくるのです。

しかも、手術がうまくいかなかった場合はどうでしょうか。

ヘルニアが神経に癒着していたとか、圧迫されていた期間が長すぎたとかの説明が出てくるんですよ。

それなら、どうして早期に手術を行わないのか、どうして様子を見ようとするのか・・・。

椎間板ヘルニアを痛みの原因とするならば、早々に切除してしまうことがその理論の正しさを示すものだと思います。

しかし、現実は違います。
理論と現実が全く一致していません。

こんなお粗末とも言える椎間板ヘルニアと痛みの現実にあなたは身を任せることができますか?



椎間板ヘルニアの治療は医学的根拠が無いまま行われています。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ