江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


整形外科で慢性痛が治らない理由とは?

「病院に通っているのに痛みが良くならない。」

もし、あなたがこんな状況になっているのだとしたらこれからお話しする内容はあなたにも当てはまる事かも知れません。

じっくりとご覧ください。

病院で治療を受けているにもかかわらず痛みが治らないのはどうしてでしょうか?

その一番の理由は、「痛みの性質にあった治療をしていない」ためになります。

簡単に言いますと、痛みの原因を治す治療になっていないということです。

患者さんを悩ます多くの痛みは「慢性痛」というものに分類されます。

しかし、病院で行われている治療は慢性痛に適した治療となっていません。

その治療の多くは「急性痛」に適したものとなっています。

慢性痛急性痛は、中身は全く別物。

治療法が間違うと、良くなるどころか悪化する可能性さえあります。

慢性痛の原因はレントゲンやMRIに映し出せるものではありません。

ですから、これらの画像診断をもとにした治療法では結果が出せないのです。

と言いますのも、慢性痛の原因のほとんどは「筋肉」にあるからです。

その筋肉をどう治療するかが慢性痛改善の決め手となります。

しかも、慢性痛を発している筋肉はちょっとやそっと治療したぐらいで良くなるものではありません。

*痛み止め、シップ薬
*低周波による電気治療
*牽引
*ホットパック
*筋肉トレーニング
*軽いマッサージ

これらは、整形外科で行われている治療の代表的なものです。

実は、これらの方法では筋肉の問題を解決するには役不足。

筋肉の問題を解決するには何と言っても時間をかけた治療が必要です。

しかし、健康保険で賄える治療では条件的にこれを満たすことができません。

つまり、整形外科で行われている治療は筋肉の問題に即したものではないばかりか、保険制度による障壁が仇となって慢性痛改善のための決め手がすっぽりと抜けているのです。

これが、慢性痛に悩まされる患者さんが治療を受けているにもかかわらず治らない理由になります。

整体、鍼灸、カイロプラクティック、接骨院。

整形外科以外にも痛みを診てくれる施設はたくさんあります。

しかし、慢性痛を専門的に扱う施設はそう多くはありません。

これも、慢性痛患者さんが治らない痛みを抱えて生活しなければいけない理由にもなっています。

私はこうした状況を変える為、施術院の運営を含めた啓蒙活動も行っています。

このホームページもその一環になります。

「痛みの常識を変えたい」「いや、変えなければいけない」

痛みに悩まされる患者さんと縁が出来るたびにその気持ちが一層強くなります。



治らないにも理由があった

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ