江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


ヘルニアが悪化するまで待つなんて!

椎間板ヘルニアは、MRI画像でヘルニアが確認されることでそのように診断されます。

ただ、MRI画像でヘルニアが確認されたぐらいで手術をすることはありません。

ヘルニアと合わせて強い症状が伴うことではじめて手術という選択肢が出てきます。

私が不思議に思うのは、どうしてヘルニアが確認されたにもかかわらず様子を見ようとするのでしょうか。

痛み止めの薬、低周波、マッサージ等の治療が手術を勧める前に行われますが、これらの治療でヘルニアに変化が出るのでしょうか?

出ないですよね。

MRIで症状の原因を椎間板ヘルニアにあるとしておきながら、手術の根拠をヘルニアの存在ではなく、症状の強さで判断するなんておかしいと思いませんか?

症状の原因が「ヘルニア」にあるのなら、手術の根拠は「ヘルニアの存在」になるはずです。

ならば、ヘルニアが見つかった時点で手術の対象になるはずです。

しかし、実際は「ヘルニア」が見つかっても即手術にはなりません。

あくまでも、症状が悪化してからです。

症状の原因を「ヘルニアにある」としておきながら、そのヘルニアは「症状が悪化」するまで放置。

患者さんは症状があるから病院に行くわけです。

ところが、ヘルニアが見つかっても症状がそこまでひどくなければヘルニアそのものに何かをすることはありません。

症状があるにもかかわらずです。

どのレベルまで悪化しなければいけないのでしょうか。

どの程度、悪化するまで待ち続けなければいけないのでしょうか。

その時が来るまで、ヘルニアの恐怖を抱え続けなければいけないのでしょうか?

症状の原因は「ヘルニア」にあるとするのならば、症状が弱かろうが強かろうが「ヘルニア」に直接治療するのがスジだと思うのですが。



ヘルニア治療は矛盾だらけ

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ