江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


画像診断で痛みを判断しようとすると・・・

むちうち症状で悩んだ患者さんがこんなことを話してくれました。

「病院では、いくら痛みを訴えてもまともに取り合ってくれない。」
「そして、それ以上に怒れてくるのは本当に痛いのか疑いの目を向けてくること。」


こういった経験をされた方は他にもいらっしゃると思います。

病院で行われる画像検査は、画像から異常が見つからない限りどの程度悪いのか把握することが出来ません。

むちうち症状は画像に表れることは無いので診断そのものが難しいです。

ですから、あくまでも患者さんの自己申告が手掛かりとなります。

しかし、医師によっては画像に異常がないことを理由に、症状そのものに疑いの目を向けることがあります。

「本当に痛いの?」と。

本当に痛い患者さんからしたら、この言葉はきついものがあります。

別のある患者さんは、首や手に痛みがあり病院で検査を受けると頚椎に異常があるということで手術を受けました。

手術は大成功で、頚椎の形も整いました。

しかし、その患者さんの症状に変化はありませんでした。

そのことを担当医師に訴えると、「本当に痛いの?」と、まるでこちらが悪いかのような対応で、手術は成功したんだからと取り合ってくれなかったそうです。

この両者のケースは、痛みの原因を「画像で写るもの」にしか目を向けなかったことによる結果です。

そもそも、痛みは生理的な反応ですから画像で判断できるものではありません。

それを無理やり画像とこじつけようとするから矛盾が生じるのです。

骨に変形があっても「痛そうに見えるだけで変形そのものが痛いわけではありません。」

しかし、現実はそうではありません。

「骨の変形が痛みの原因です。」
「この骨が神経を刺激するから痛いのです。」

このような間違った説明が、毎日、毎日繰り返されているのです。

患者さんは医学知識が無いので、医師からそのように言われれば納得してしまいます。

誰が医師の言葉に嘘があると思うでしょうか?

もちろん医師自身も嘘を言っているつもりはありません。

だからこそ、上記のような事例が出てくるわけです。



画像に写らないところに痛みの原因がある。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ