江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


ストレスも痛みの要因になる

慢性痛は、軟部組織(筋肉等)を治療することで改善される事が多いのですが、全てそれで解決するかと言えばそうではありません。

痛みというのは、患部に異常があることで痛みを感じるわけですが、その痛みはどこで感じているのかと言えば「脳」で感じていることになります。

実は、この脳の状態によっても改善結果が大きく左右されることになります。

では、何によって左右されるのかといいますと、「ストレス」です。

このストレスを脳がどう感じるかによって痛みの改善に大きな影響を与えるのです。

これが、体の治療だけでは改善できないこともある慢性痛治療の難しいところです。

私たちの体には、異常があればそれを治そうとする自然治癒力が備わっています。

痛みもその異常の一つなので、脳がその異常をキャッチすればそれを治そうと試みるわけです。

慢性痛を患っている方でも、痛みを感じていた最初の頃には特に治療しなくても治る経験をされていたと思います。

それがいつの頃からか治らなくなって、今に至っているのではないでしょうか。

どうして、最初の頃は治っていたのに次第に治らなくなってしまったのでしょうか?

理由は二つあります。

一つは、軟部組織の悪化。(コリの深刻化、血流低下)

もう一つは、脳が継続的なストレスを感じることによる「疼痛抑制効果の減少」です。(ストレスによって治そうとする仕組みが邪魔される)

では、その疼痛抑制効果を戻すためには何をしたらよいのでしょうか。

あなたはこんな話を聞いた、又は経験したことはありませんか?

「楽しいことをしていたら痛みを忘れていた。」
「好きなことに集中していたらいつも以上に動けた。」

これらこそ、脳がストレスから解放され痛みの抑制に貢献した証拠なのです。

ですから、「体を治療することだけ」が治療ではないんですね。

もちろん、慢性痛の場合は痛みそのものがストレスになることだってあります。

だからこそ、その痛みを感じにくくするための工夫が生活に必要になります。

過度の安静は痛みにとって逆効果。
痛みに集中しやすい生活環境も逆効果。


脳が「快」と感じることを少しでも多く生活に取り入れてみることも結果的には立派な治療になります。

慢性痛は複雑な要因が絡んでいます。

「治療を受けているのに良くならない。」

こんな場合はストレスの存在に目を向けてみてはいかがでしょうか。



機械にはない、人間を治すことの難しさがここにあります。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ