江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


肩こりが治りにくい理由とは

日本人の多くが経験している「肩こり」。

これは、肩の何が凝っているのだと思いますか?

答えは筋肉ですね。

筋肉がカチコチになることで肩こりを感じるわけです。

では、この肩こり。
どうして、凝ってしまうのでしょう。

原因は大きく分けて二つあります。

一つは姿勢から来るもの。
もう一つは、ストレスによるものです。

姿勢から来る肩こりの原因は、デスクワーク等による筋肉の持続的緊張が多くの割合を占めております。

デスクワークの姿勢は、頭の位置が前方に傾いておりますのでその傾きを制御するために肩周囲の筋肉(特に僧帽筋)が緊張を強いられているんです。

適度にその姿勢を崩せば良いのですが、仕事に集中していたりすると体から信号があっても中々気が付きません。

しかし、その状態にも限界がありますのでいずれは肩こりを自覚せざるを得ないわけです。

そして、もう一つの原因であるストレスから来る肩こりですが、ストレスは体を緊張させますのでその影響が肩に来るのです。

ストレス性の緊張は全身症状ですので、人によっては肩こりではなく胃痛として感じる場合があります。

いずれにせよ、姿勢から来る肩こりもストレスから来る肩こりも「筋肉のコリ」が原因です。

そして、そのコリを解消させるためには筋肉をほぐせばよいのです。

しかし、筋肉をほぐすといっても「深刻化」してしまった筋肉は容易に改善しません。

これは、ブログやHPで取り上げている他の慢性痛と同じです。

コリにもレベルがあって、常にコリを感じている人だとちょっとやそっとほぐしたところで良くはなりません。

ただ、肩こりの場合は他の慢性痛のように「痛い」という所まではなりにくいです。

その理由は、支えているものが違うからですね。

頭から足先の方へ下に行けばいくほど、体が支えなければいけない割合が増えていきます。

肩こりは支えているものが頭だけですので、その分慢性痛にはなりにくいのだと思います。

しかし、肩こりもひどくなると頭痛がしたりしますのでそれはそれでやっかいです。

とはいっても、肩こりは多くの人が経験していてなおかつ慢性痛にもなりにくく、また、命に係わる病気でもありませんので本人も医師もそこまで「治す」ことに真剣に考えることはよっぽどでないとありません。

だから、肩こりは肩こりとしてそのまま居座るわけです。



肩こりは理論的には治ります。しかし、現実問題としてそれは難しい。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ