江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


画像検査の問題点

今回は、画像検査の問題点を考えていきたいと思います。

レントゲンやMRIを撮る必要がある人とは、どういった方だと思われますか?

痛みなど、体に問題がある人ですよね?

このように、レントゲンやMRI検査は健康な人には無縁の検査です。(健康診断を除く)

痛みがあるからこそ、レントゲンやMRIなどの検査を受けるのです。

そして、検査によって骨の変形や軟骨の異常が見つかり、痛みの原因はそれらによるものと診断されるのが通常の流れです。

例えば、

「骨が変形して神経を刺激しています。」
「軟骨がすり減って痛むのです。」
「この痛みはヘルニアが神経を圧迫しているからです。」 など。

こうして、患者さんは自分の痛みが骨や軟骨の変形などからもたらされるという説明を受け納得されるのです。

画像でその状態が確認できるわけですから、これ以上の説得力を持った説明はないですね。

しかし、この骨や軟骨の変形を痛みと結び付けるにはちょっと無理があるのです。

最初の質問で、レントゲンやMRIを撮る必要のある方は痛みを抱えているということでした。

ということは、体に異常の無い人はそれらの検査とは無縁ですね。

骨、軟骨の変形が痛みの原因とされているわけですから、痛みの無い人は骨、軟骨の異常が無いはずというわけです。

痛みが無いわけですからね、骨や軟骨に異常がないと考えるのが普通ではないでしょうか。

実はここが、検査上の問題点といえるのです。

痛みを抱えている人に骨や軟骨の変形が見られるのは、検査を対象としている人が痛みを抱えている人たちばかりです。

では、ここで痛みを抱えていない人にも同様な検査をしたらどうでしょうか?

普通は、痛みを抱えていないわけですから何も問題がないと思いますよね。

しかし、現実は違います。

痛みを抱えていない人にも、骨や軟骨の変形や椎間板ヘルニアなどが画像で確認できるのです。

痛みを抱えていないにもかかわらず、これらの異常が見つかるのはおかしな感じがしますよね。

そうなんです。

あなたのようにおかしいと感じることは何ら不思議ではありません。

しかし、本当におかしいのは、

「痛みが無い人に骨や軟骨に変形が見つかること。」

ではなく、

「痛みの原因を骨や軟骨のせいにしていたこと。」

なんです。

骨や軟骨の変形を、痛みの原因にしているのは間違った考え方です。

正しい考え方は「骨や軟骨の変形が直接痛みの原因にはならない。」です。


*全ての高齢者にレントゲンやMRI検査をしたら私の言っている検査上の問題点が理解できると思います。



骨や軟骨の変形は誰にでも起こりうる生理的な変化です。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ