江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


痛みの原因に対する治療の矛盾とは

膝や腰など、病院で痛みを訴えれば必ずといっていいほどレントゲンを撮ります。

そこで、骨の変形がみつかり変形性~と名のつく病名がつけば、痛みの原因は骨の変形によるものとされます。

HPでは何回も出てくる言葉ですが、骨の変形が直接痛みにつながることはありません。

が、仮に、痛みの原因はその骨から来るものとしましょう。

では、骨の変形を治す治療は実際に行われているのでしょうか。

・・・。

ほとんど行われていませんよね。

あるとすれば、それは手術という大掛かりなものだけです。

しかし、大半はそのようなことが行われることなく、薬の処方(痛み止め)や理学療法(リハビリ)止まりです。

痛みの原因は、骨の変形が原因としているのに何故その変形を治すことをしないのでしょうか。

痛み止めの薬、低周波などの電気、マッサージをしても骨の変形が治ることはありません。

車が故障をして修理を出し、故障した箇所が見つかればそこを直す必要があります。

そうすることで、故障も直り、また問題なく車を走らせることが出来ます。

それに引き換え、変形に対する痛みの治療はどうでしょう。

骨が痛みの原因としておきながら、実際に行われている治療は変形を治す治療とはかけ離れたものとなっています。

これが、慢性痛治療の現状です。

何も知らない患者さんは、骨や軟骨が悪いと診断されながら、それを回復することのできない治療を今日も受けているのです。



骨や軟骨が悪いのならそれをすぐに治すべきでは?

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ