江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


骨の変形が病気というなら

骨や軟骨が変形していることで付けられる病名に

「変形性OO症」と、いうものがあります。

これは、骨が変形していることが痛みの原因(病気)であるというわけですが、これら病気というなら老化そのものが病気ということになります。

なぜなら、骨・軟骨の変形は加齢に伴い誰にでも見られるものだからです。

すなわち、生きている限り皆が高齢者になるわけですから、確実に全員が病人になるというわけです。

何だかこれ、変な感じがしませんか?

そうです。

とっても変なんです。

これまでの話からいけば、高齢化=病人ということですからね。

でも、実際は違います。

高齢者でもピンピンしている人はいくらでもいますし、骨がどれだけ変形していても痛くない人はいます。

つまり、最初の段階で「骨の変形が病気である」と、していることが間違っているのです。

しかし、体を触診しないでレントゲンの結果のみで痛みを診断をすることはもはや当たり前になっています。

この検査体制が変わらない限り、痛みの原因を骨の変形のせいにされる患者さんは減ることはないでしょう。

それどころか、これからさらに高齢者が増えていくわけですから、それに合わせて病人も増加していくことになります。

私も含めて、あなたも確実に老いていきます。

骨の変形も避けて通れるものではありません。

しかし、痛みの無い生活が送れないわけではありません。

痛みの正しい知識を身につけて行動すれば、骨に変形があろうとも元気に生活していくことができるでしょう。

これからの時代は受け身では決して自分の健康は守れません。

「自分の健康は自分で守る。」

これぐらいの気持ちがないと、本当の健康は手にできないとこれまでの経験からそう思います。



骨の変形=悪ではありませんよ。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ