江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


椎間板ヘルニアのリハビリは何のため?

腰椎椎間板ヘルニアと診断された、ある患者さんについて。

その患者さんは、病院で腰椎椎間板ヘルニアと診断を受けました。

ヘルニアの状態も悪く、症状がひどくなれば手術の可能性もあるとのこと。

医師からの指示は「薬とリハビリ」でした。

薬は痛み止めで、これはヘルニアを治すものではなく対症療法です。

よって、いつ何時痛みが再発するか分かりません。

では、リハビリはどうなのでしょうか。

その患者さんは、理学療法士にリハビリに通えば治りますと言われたそうです。

「リハビリに通えば治る」

リハビリの内容はマッサージなのですが、これって何をもってその理学療法士さんは治ると言われたのか私は知りたくなりました。

医師は痛みやしびれはヘルニアに圧迫されたことが原因と説明をしているのです。

ヘルニアは体の内部の問題です。

それなのに、どうして体の外側に行うマッサージで症状が治るのでしょうか。

これについての根拠が知りたいです。

症状を回復させるには、神経の圧迫を取り除かなければいけないはず。

また、医師はどうして神経の圧迫をそのままにしておいてリハビリを勧めるのでしょうか。

リハビリをすれば神経の圧迫が取り除かれるのでしょうか?

そんなことはありませんよね。

これは、私の勘ですがその理学療法士さんはヘルニアの矛盾にうすうす気づいているのではないかと思います。

ヘルニアの矛盾とは、椎間板ヘルニアと症状は無関係であるということです。

私はその患者さんにこのように頼みました。

「リハビリを勧める根拠を聞いて下さい。」と。

また、この患者さんは医師から積極的な治療法が提示されないことにも不満を抱えていました。

医師は、悪くなれば手術と言うけどそうならないようにするためにはどうしたらいいのか提案がないのです。

圧迫しているヘルニアが症状の原因としておきながら、そのヘルニアには何もしない。

痛みどめも原因から治すものではなく、リハビリもヘルニアを治すものではない。

しかし、症状が悪くなれば手術と言われる。

これって、患者さんの立場からしたらすごく辛いことです。

いつ悪化するかもしれないという不安を抱えながら生活していくのですから。

でも、ご安心ください。

爽快館では、椎間板ヘルニアの概念を覆す全く新しい方法で手術を必要とされる痛みにも効果を上げております。

そのためにはまず、椎間板ヘルニアには多くの矛盾があるということを知っていただきたいものです。



矛盾を知れば怖くない!

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ