江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


椎間板ヘルニアは切らなくても治る

先日、当院に来られた女性からこういった話を聞きました。

女性 
「うちの主人は、15年ほど前にひどい椎間板ヘルニアを患いました。」
「病院ではこんなヘルニアは今まで見たことがないほど悪い状態だと言われました。」
「確かに痛みもひどいし、MRIではヘルニアが神経に突き刺さっているように見えたのでこう言われても仕方がないように思いました。」
「また、病院では今まで手術しようと思わなかったのですかとも言われました。」
「それほどひどい状態だったのです。」

私  
「では、ご主人は手術をされたのですか?」

女性
「いいえ、主人は手術をしていません。」


「手術をしないで治されたのですか?」
「だとしたら、何をされたのですか?」

女性
「はい、主人は整体の先生に治してもらったんです。」


「整体ですか。」

女性
「その整体の先生は椎間板ヘルニアなんてものは筋肉を治せば治るんだとおっしゃって一生懸命筋肉の治療をして下さいました。」
「そして、約4か月間ほぼ毎日通ってあのひどい痛みが治ったんです。」


「そうでしたか。」

私は、この先生が感じたように椎間板ヘルニアと痛みには相関関係がないという立場をとっています。

これは、何も適当に言っているのではなく、数々の証拠からこのように結論付けるしかないためです。

椎間板ヘルニアを痛みの原因としている根拠は何でしょうか?
それは、生理学的に説明できるものでしょうか?

患者さんは驚くかもしれませんが、椎間板ヘルニアが痛みの原因であるとする医学的根拠はありません。

あくまでも、推測の域を脱せないでいるのです。

しかし、患者さんの多くはこういったことを知らないまま治療を受けていらしゃいます。

一人でも多くの方に、椎間板ヘルニアには矛盾があるということに気づいてほしいものです。



常識というのは時に障害となる

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ