江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


膝が痛いのは歩きすぎたから!?

ある患者さんが膝の痛みを病院で診てもらったら

「膝が痛いのは歩きすぎたから。」と、言われたそうです。

歩きすぎると膝が痛くなる!? ん?

車も自転車も無い時代があった日本。

今でも世界には、交通手段が自分の足だけという人も少なくありません。

その人たちに比べて圧倒的に歩行数が少ない現代人が歩きすぎとはこれいかに。

実はこの歩きすぎというのは、単純にそう受け止めてしまってはいけません。

その証拠に、その患者さんは言われたことを真に受けてしまってほとんど歩かなくなってしまいました。

すると、どうでしょう。

ますます脚力が弱ってしまい、かえって悪くなってしまったのです。

この歩きすぎたから痛くなるというのはある意味間違いではありませんが、伝えるべき大事な言葉が抜けています。

その抜けている言葉とは、

「あなたの膝は柔軟性や筋力など膝関節に必要な機能が低下してしまい、今回の痛みはそのことによって歩くという負荷に耐えられない状態になって出てきたものです。」という説明です。

痛みの原因を説明しないと、歩きすぎて痛いと説明されただけでは歩くのをやめればいいと解釈してしまいます。

ですから、このような患者さんに「歩くのは止めて安静にしてください。」というアドバイスだけではになるのです。

歩くことが膝の痛みにつながるということは、その膝関節機能は危機的状況なんです。

ようするに、膝関節機能の低下によって歩くという基本運動が出来ない状態になっていたのですから、その状態から脱出しなければ今後の生活はもっと苦しくなるでしょう。

膝関節の機能維持に大切なことは、「筋力」「柔軟性」「関節の遊び」の三点です。

この三点をどのようにして高めるかを考えることが、今後の生活の質を大きく変えるポイントであります。



関節機能は取り戻せる!

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ