江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


正座を長時間するとどうなる?

神経が圧迫を受けるとどうなるのか?

今回は、正座による神経圧迫症状について説明していきたいと思います。

正座を長時間行っていると、徐々に足のしびれや麻痺感が出てきます。

これは、正座という姿勢が下半身の神経を圧迫してしまうことで起きてしまう現象です。

また、血液循環も悪くなるため、こうした症状を加速させる原因にもなっています。

あなたも一度は、こういった経験をしたことがあるのではないでしょうか。

それではあなたに質問です。

正座をして出てきたしびれ、麻痺感は我慢できますか?

できませんよね。

早急に正座を崩したくなるのではありませんか?

神経圧迫症状は、神経が圧迫を受けてから割と早い時間でその症状が出てきます。

そして、その症状はとても不快で我慢できるものではありません。

また、腕や足に限らず神経を圧迫することで出てくる症状に共通したものは麻痺感です。

この麻痺感こそが、真の神経圧迫による症状なのです。

痛みと麻痺感は全く別の原理で発生しています。

しかし、今の痛みの常識では痛みの原因を麻痺感と同一なものとして扱っています

定義が間違っていれば、それを基にした治療がうまくいかないのも仕方がありません。

現に、今の医療はそれが原因で結果が出ない患者さんが後を絶ちません。

この間違いを改めない限り、いつまでも痛みに悩まされている患者さんは減らないことでしょう。



治療者側の意識が変わる事が必要!

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ