江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


痛みどめ(鎮痛薬)に頼り切らない

慢性痛を経験した人なら、一度は使ったことのある痛みどめ(鎮痛薬)。

痛みに苦しめられているとき、薬を使って痛みが治まれば「あ~助かった」となり一安心です。

確かに困ったとき、こうして痛みを楽にしてくれる便利な薬ですが、どんな痛みにも万能というわけではありません。

痛みどめにも、効く場合と効かない場合があるのです。

慢性痛の初期の段階では、大抵の場合に痛みどめが効きますが、徐々に効かなくなってくる傾向があります。

どうして、痛みどめが効かなくなるかと言いますと、そもそも痛み止めというのは、痛みの原因を治して痛みを止めているわけではなく、痛みに関与している物質を薬によって抑えているだけだからです。

つまり、体からの反応として痛みを知らせているわけですが、薬によってその信号をブロックしてしまうため、あたかも治ったかのように錯覚してしまうわけです。

したがって、治って痛みが治まるのと、信号を止めて痛みが治まるのとでは、中身は全く違うことになります。

片方は治っているのに、片方は治っていないのです。

痛みの原因が治っていないわけですから、薬の効果が切れればまた痛みはぶり返します。

そして、痛みを薬で抑えてしまうことで、かえって症状を複雑なものにしてしまっている可能性もあります。

こうなると、今までの痛みどめが効かなくなることもありえるわけです。

では、薬をさらに強くしたらどうでしょうか?

もう、これには答えが出ていますね。

薬を強くしたところで、痛みの原因は変わらない、むしろ薬の副作用の方が強調されてくることにもなりかねません。

痛みどめで、痛みを治そうとする発想を変えなければいけないのです。

痛みどめの正しい使い方は「応急処置的」に使うことです。

そして、その間に根本的な原因を治していくことで痛みどめに頼らなくて済むようになるのです。



薬は正しく使用しないとかえって体を傷つけます

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ