江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


解釈の違いで結果が変わる

椎間板ヘルニアという病気には、様々な不確定要素があり、とらえ方によっては希望を持つこともできますが絶望感を引きずるような側面もあります。

なぜ、同じ診断を受けた人たちにこのような差が出ることがあるのでしょうか。

今回は記事のタイトルにあるように、解釈の違いが人にどのような影響を与えるかについて考えていきたいと思います。

痛みというのは主観的な要素が強く、同じ病気でも感じ方は人それぞれです。

それは、人間にはそれぞれの価値観があるからであり、その状況に対して悲観的な態度をとればその影響は当然症状にも反映されます。

この原則は、基本的に全ての症状に当てはまると思いますが、今回は椎間板ヘルニアについて考えていきましょう。

ここに、椎間板ヘルニアと診断されたAさんとBさんがいるとします。

AさんBさんに、

「椎間板ヘルニアというのは、ヘルニアがあっても痛くない人がいる。」
「手術をしなくても治る人がいる。」
「手術をしても治らない人がいる。」
「痛みが取れてもヘルニアに変化が無いことがある。」

と、ヘルニアの矛盾を事実そのままに伝えたところ、両者はこのように受け取りました。

Aさん「へ~、そうなんだ。 そんなに矛盾だらけだったら自分のヘルニアもそこまで気にする必要がないのかもしれないな。」

Bさん「そうは言っても、医者からヘルニアが痛みの原因だと言われているんだし、このヘルニアが悪いとしか思えない。」

このように、同じ事実を伝えても両者で受け取り方が違うのです。

片方は事実をありのまま受け入れ、片方は事実よりも医師の言葉を信じています。

というよりも、医師は間違ったことを言うはずがないというのが前提になっています。

何を信じるかは個人の自由なのでとやかく言う必要はないですが、この両者の予後はどうなると思いますか?

ちょっと心理学的な話になりますが、人間の行動はそれぞれの思考が反映されたものになります。

つまり、事実を受け入れたAさんは、日常生活の中でもヘルニアのことをあまり気にすること無く過ごし、Bさんは何をするにしてもヘルニアのことが気になり、腰をかばいながらの生活になっているのではないでしょうか。

同じ症状の人が同じ事実を知っても、受け取り方が違うとその後の行動も変わってくるのです。

私が尊敬している人の言葉に、

「人は事実に苦しむのではなく、間違った解釈で苦しむ」という言葉があります。

ヘルニアにも、この言葉がピッタリ当てはまるのではないでしょうか。

「椎間板ヘルニア」の呪縛から解放されるためには解釈を変えるしかありません。

そして、行動を変えるのです。

すると、そこから本当の治癒が始まります。



私が尊敬しているその人は解釈を変えてガンを克服しました。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ