江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


慢性痛の兆候とは?

慢性痛には様々な種類があり、どの慢性痛にも初期段階というものがあります。

今回は、その初期段階について見られるパターンの一つである「起床時痛」というものに焦点を当てたいと思います。

起床時痛とは、その名の通り、起床したときに感じる痛みのことです。

この痛みの特徴的なものとして、時間を経るごとに痛みが軽減していくという流れがあります。

朝、起きた時は痛いのだけど、昼ごろ、もしくは夕方までには治っているのです。

ですが、再び朝を迎えると同じような痛みを感じます。

そして、時間が経てば楽になり、朝になればまた痛むということの繰り返しです。

ではなぜ、このような痛みのパターンを繰り返すのでしょうか?

それは、痛みの主原因である筋肉が寝ている間に硬くなっていくからです。

筋肉は、朝起きたばかりが一番硬いですから、その硬さが域値をこえ痛みを感じやすくするのです。

そして、一日が始まり、適度に体を動かすことで硬かった筋肉も次第にほぐれ、痛みの域値を下回ることで痛みが治まります。

この「起床時痛」は別名「劣化痛」とも言います。

年齢を重ねる上で、筋肉の手入れを行ってこないと程度の差はあれ誰でも起こり得ます。

ただし、これ自体は常時痛い訳ではありませんから、この問題を放置してしまう方が大半でしょう。

本当の問題はこれからなんですね。

この初期段階に見られる「起床時痛」を放置した結果、しつこい慢性痛が本格的に始まるのです。



この段階で必要なのはシップではなく、筋肉ほぐし!

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ