江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


治すために受け身では結果が出ない

当院の患者さんからたまに聞くのですが、自分が良くなった経験を人に話すと「それって宗教?」という問いかけをされることがあるそうです。

なんでも、自然治癒力でよくなったと話すと、その仕組みを知らない方からすれば放っておいて治ったというように思われるのでしょうか。

何もしないで治るなんて怪しいし、宗教の類と思われるのはある意味仕方がないのかもしれません。

それは、それだけ自然治癒に対する認識が全然広がっていないということの表れなのでしょう。

しかし、自然治癒の本質は、何もしなくて治るというようなものではなく、むしろ、現代医学に頼るよりハードルが高いといえます。

なぜなら、自然治癒力を引き上げるためには努力が必要だからです。

したがって、現代医学で良くならなかったという理由のみで自然療法を選択されるとその期待は裏切られます。

これについて、もう少し詳しく説明いたします。

現代医学にかかる患者さんのスタンスは、

「病院で治してもらう。」「医者に治してもらう。」「薬で治してもらう。」 というように、すべて受け身です。

つまり、自分は何も変わらなくていいことになります。

しかし、自然療法はそうではありません。

自然治癒力を高めるのは自分自身の力なんだから自らを変化させる必要があるのです。

つまり、現代医学と自然療法の大きな違いは受け身かそうでないかの違いです。

ですから、現代医学と同じ感覚で自然療法に治してもらうというようなスタンスだと良い結果は表れません。

自然療法は、努力医学ともいえます。

自然治癒というと何だか響きは優しいのですが中身は全くの正反対。

自分で行動を起こさなければいけないのだから、受け身医療に慣れきっている現代人にはこういった理由でハードルが高いのです。

もちろん、ハードルが高いというのは難しいという意味ではありません。

努力、継続、変化という誰もが苦手な要素をたっぷり含んでいるということがハードルを高くしていることになるのです。

したがって、門戸は誰にでも開いています。

その気になれば癌さえも克服できます。

しかし、結果を導き出せる前に多くの人が挫折してしまうのです。

なぜなら、人は「自分を変える」作業がとても苦手だからです。



原理はシンプル、しかし、実行には困難が伴う

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ