江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


股関節を曲げると痛い!(屈曲制限)

以前の記事で股関節の伸展制限について書きましたが、日常生活では「股関節の屈曲制限」の方が身近な問題かもしれません。

股関節を曲げることができないために

・靴下がはけない
・足の爪が切れない
・かがむことができない など。

日常生活では、股関節を曲げることが頻繁にあるため、これらの動作に支障が生じるわけです。

痛みを感じない人にはあまりピンと来ないかもしれませんが、そうでない人にとっては切実な問題となります。

去年までは出来ていたことが今年になってできなくなっているとしたらなおさらのこと。

当院の患者さんも、こうした日常の不便さを訴えられることがあります。

では、屈曲制限はどうして起こるのでしょうか?

股関節が変形してしまったから?

確かにその要素はあるかもしれません。

股関節(大腿骨頭)は球形を保つことで、その可動の広さが保障されています。

それが、変形をして球形が保てなくなるとしたらその可動性を保てなくなることもあるでしょう。

しかし、私は股関節の変形のみが屈曲制限を起こしているとは思いません。

なぜなら、痛くて曲げることに支障が出ていた患者さんの屈曲制限に変化が見られているからです。

以前は、股関節を曲げると必ず引っかかるような感じがあってスムーズに曲げることができなかったのですが、少しずつ曲げることが出来るようになってきた患者さんがいらっしゃいます。

となると、股関節の変形のみが屈曲制限を起こしているとは言えないのではないでしょうか。

変形が軽度であればあるほど屈曲制限の改善にも可能性が残されています。

そして、手当が早ければ早いほどその可能性はさらに高まります。

股関節痛をわずらっている患者さんはどこへ行っても手術が必要と言われていますが、できれば手術をしたくないというのが本音です。

それは、あなたも同じではないでしょうか。

そして、手術以外の方法でも痛みをとることが実際にできています。

この事実がある限り、私はさらなる可能性を探り続けます。



股関節痛はもっと良くなる!!

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ