江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


妊婦さんの腰痛について

腰痛を経験したことが無い女性でも、妊娠してお腹が大きくなることで腰痛を感じるようになったと耳にすることがあります。

これは、どうしてそのようなことになるのでしょうか。

一番の理由は、姿勢の変化にあります。

お腹が前方に大きくせり出すことで、腰椎のカーブがそれに合わせてきつくなります。(過前彎)

そして、重心も前方に移動してしまうので、それを補おうと背筋の緊張が自然と高まります。

いつも以上に腰周りの筋肉が大きな負担にさらされるというわけです。

これは、お腹が大きくなるにつれその負担も大きくなります。

また、過前彎の状態が定着してしまうと、それを伸ばそうとするときにも支障が生じやすくなります。

そのシチュエーションとして一番多いのが寝る時ではないでしょうか。

仰向けに寝ようとしてもスムーズに筋肉が伸びないため腰に痛みを感じるのです。

では、この腰痛は病的なものでしょうか。

いいえ、そうではありません。

腰の緊張さえ取り除いてしまえば痛みはすぐに無くなります。

ただし、出産するまでは姿勢が変わらないので痛みが出やすいという傾向は続きます。

私の妻もこの腰痛を経験した一人です。

施術を施せば痛みが無くなるので妻はいつも不思議がっていましたが、痛みのメカニズムを知っていればこういった腰痛にも対応できます。

妊婦さんでも整体をして大丈夫なの?と不安に感じられる方もいるかと思いますが、お腹に触れるわけではありませんのでご安心を。

妊婦さんの腰痛も筋肉に原因があります。

ただし、その筋肉を正常化させるには技術が必要ですので、施術を考えている方は信頼のおける術者に依頼されることをお勧めします。



どんな腰痛にも原因があります。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ