江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


痛みどめ(鎮痛薬)は万能ではない

病院で慢性痛を訴えると必ずと言っていいほど処方される「痛みどめ」。

この薬を使うことで、辛かった痛みが治まれば「薬が効いた」となりますが、痛みが治まらなければ「薬が効かない」ということになります。

では、痛みに効かなかった場合は薬の効果が無かったのでしょうか?

答えは、イエスでもありノーでもあります。

と言いますのも、痛みどめというのはすべての痛みを抑えてくれるわけではないからです。

病院で多く処方されている鎮痛薬は「プロスタグランジン」という体内に存在している生理活性物質の生成を抑える働きを持っています。

*プロスタグランジンには痛みを強く感じさせる作用があります。

つまり、あなたの痛みに「プロスタグランジン」が関与していないと薬が全く無駄になるのです。

痛みには多くの種類があります。

それは、脳が痛みを感じるまでの経緯が違うということです。

プロスタグランジンが関与している痛みもあれば、そうでない痛みもあります。

しかし、病院ではどのタイプの痛みにも消炎鎮痛剤が処方される傾向にあります。

ですから、薬で痛みが治まらないことがあっても、それは薬のせいではない可能性もあるのです。

元々、薬が効かないタイプの痛みに処方されたのかもしれないのです。

そして、鎮痛薬には副作用があります。

効かないのに使い続けることは、上記の理由から体にとってマイナス面が強調されるばかりですので、他の方法を検討することを強くお勧めします。

現代医療は根本治療よりも対症療法を主体とした治療で成り立っています。

すなわち、薬が痛みに効いたとしても、それは決して「治癒」を約束してくれるものではないことを付け加えたいと思います。

痛みを治してくれる自然治癒力は誰の体にも備わっています。

しかし、それを引き出すことが出来るか否かは、どのような治療を選択するかも大切なポイントになります。

そして、それを選択するのはあなた自身の行動ということになります。

医療のプロではない患者さんにそれを選択させるのは酷なことでもありますが、医療費が増大しつづけるにもかかわらず病人が一向に減らない現実を考えたら、これからの時代は患者さん自身も勉強していかなければいけないようです。



対症療法と根本療法の違いを理解しましょう。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ