江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


アトピービジネスについて思うこと

アトピービジネスとは、アトピー性皮膚炎患者をターゲットに行われる悪党商法のことをいいますが、広い意味では病院以外の方法で取り組むものであればすべてこれに当たるとされる向きもあります。

では、そもそもどうしてアトピービジネスが誕生したのでしょうか。

私が考える一番の理由は、何と言っても病院でアトピーが解決できなかったからだと思います。

例えば、盲腸ビジネス、骨折ビジネス、白内障ビジネスというものが存在しないのは、これらは病院で解決できている症状だからです。

一部の人を除いて、ほとんどの方たちは自分の体に異変を感じたら病院のお世話になります。

そこで、問題が解決できていればアトピービジネスなんていう言葉は誕生しないはずです。

ですから、アトピービジネスが患者を食い物にしているとして批判の対象になりますが、病院で行われている治療には全く問題はないのでしょうか?(注:アトピービジネスを肯定しているわけではありません)

私が縁のあった患者さんたちは、すべて病院にお世話になった経験がある人ばかりです。

病院で処方されるステロイド薬が良いものなら、どうしてステロイド皮膚症という重篤な症状になるのでしょうか。

どうして、強いステロイドに変更していく必要があるのでしょうか?

なぜ、ステロイドを処方するのでしょうか?

ガイドラインに記載されているから? 症状がとりあえず治まるから? 

患者さんは治りたいと思っています。

症状が、しばらくの間治まっていればそれでいいなんて思っていません。

そもそも、アトピーに対するステロイド療法は根治療法ではありません。

処方箋にも、ガイドラインにも「治す」とは書いてないのです。

これって、薬物治療が法律で認められているだけでアトピービジネスとは何が違うのでしょうか?(根治しないという意味で)

薬を処方する段階で、「この薬ではアトピーを治すことはできません。」「あくまでも症状を抑えるだけです。」と患者さんに正直に伝えるべきではないでしょうか。

これが無いから、患者さんはステロイドを使って少しでも症状が良くなれば「治った」と勘違いしてしまうのです。

しかし、薬の効果が切れれば再発することもありますから、また使うことになります。

そして、今回は以前のように治りが良くない・・・・。

アトピーに対するステロイド療法は、正しく使えば問題が無いとされていますが、正しい使い方とは何を持って正しいというのでしょうか?

目立つ副作用が出なければ正しいの?では、正しく使えばアトピーは治るの? 

現実に、薬を使わないでアトピーを克服した人たちがいるわけですから、どうしてそれらの人たちから学ぼうとしないのでしょうか。

アトピーが良くなったからには、何らかのメカニズムが間違いなく働いているはずです。

患者さんの病気を治すことが医療の仕事であるならば、この研究に力を入れるべきです。

むしろ、そのようにすることが医療の本筋ではないかと思うぐらいです。

「アトピービジネス」

アトピービジネスを批判するよりも、その前にすることがあると思うのは私だけではないはずです。

薬では治せないのだから、他の方法を模索しようとするのはむしろ自然なこと。

それをすべて、患者さん側のせいにするのは思考停止以外のなにものでもないと私は思います。



薬が悪いわけではない、それのみで対応するから問題となる。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ