江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


腰に痛みが無い人は病院へ行かない

椎間板ヘルニアと診断された人は、病院でMRIを撮ってもらいその検査によってヘルニアが見つかることで診断が確定されることになります。

そして、自分の症状がこんなに辛いのは「椎間板ヘルニア」が存在しているからということになると思います。

しかし、「椎間板ヘルニア」は症状が全くない人にも見られるものです。
(これは多くの人が知らない事実です)

ヘルニアが病院で発見されるか否かは確率の問題に過ぎないのですが、ここがある意味盲点となっているところでしょう。

腰に症状が無い人は病院と縁がありません。

ということは、MRIを撮影する機会も無いということです。

しかし、腰に症状のある何割かの人はMRIを撮ることになります。

そこで、ヘルニアが見つかれば「椎間板ヘルニア」と診断されるわけです。

つまり、こういったことが長年にわたって続いたことで医療に携わる人までも、この確率の問題に翻弄されてしまっているのです。

ヘルニアがあったからには、この症状の原因はこれのせいだと。

そして、症状が無い人にはヘルニアは存在しないんだという思い込みに。

症状が無い人は、MRIに縁がありませんからヘルニアが発見される確率は圧倒的に低いものとなります。(別症状での検査で見つかるか研究対象のみとなる)

しかし、健康診断である一定の年齢の人を片っ端からMRI撮影を行えば次々とヘルニア持ちが発見されることになるはずです。

すると、無症状にもかかわらずヘルニアが存在するということは、ヘルニアの有無だけが症状の確定診断にはなりえないことになります。

そうなれば、痛くてもヘルニアがあるからという理由だけで手術するというのは出来なくなるはずです。

「ヘルニアが痛みの原因」

この固定概念が取っ払われない限り、無駄な手術を減らすことはできません。

そのためには、無症状の人にもヘルニアが存在するという事実をもっと多くの人に知ってもらわなければいけないのです。



ヘルニアの呪縛は真実を知ることで解ける。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ