江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


同じMRI画像なのに見解が違うのは何故?

先日、来院された患者さんですが、かなり昔に腰を痛めて病院で診察を受けると椎間板ヘルニアと診断されました。

そして、その後に椎間板ヘルニアの手術を受けましたが痛みに変化はありません。

病院ではこれ以上治療することもできないので、その後は治療院などに通いある程度回復したものの、いつからか痛みがぶり返すようになってきました。

始めの頃は、痛みが出ている時間は短かったのですが次第に痛い時間の方が長くなってきました。

再度、病院で診察を受けると「椎間板へルニアは治っている。」ということで治療は痛み止めの薬とリハビリによる電気治療となりました。

しかし、治療を受けても良くならないので別の病院で診察を受けると「これは脊柱管狭窄症です。」とのこと。

でも、治療法に大きな変わりはありません。

症状が徐々に悪くなるばかりなので、別の病院に伺うと「ヘルニアは治っているし神経を診てもらったらどう?」ということで神経内科を紹介されました。

しかし、神経内科を受診しても痛みの原因を突き止めることができず、症状は依然そのままでした。

これらの話を聞いて、私はあることに気が付きました。

それは、医師によって見解が違うということです。

同じMRI写真を見ているはずなのになぜでしょうか。

どうして、このようなことになるのでしょうか。

理由は、診断しているのは機械ではなく医師という人間だからです。

また、人間にはどうしてもその人の主観が入ります。

そして、それらの病気には個々に定められた診断基準というものがないので、診断結果もまちまちということが起こりうるわけです。

ですから、椎間板に注目する医師は痛みの原因を椎間板ヘルニアにあるとしますし、骨に注目する医師は脊柱管狭窄症に原因があるとするのです。

神経そのものに注目する医師もいます。

私は不思議に思います。

なぜ、筋肉が痛みの原因とする医師が圧倒的に少ないのでしょうか。

筋肉も体を支える立派な構造物のはずなのに。

やはりそこには、大きな刷り込みというものが最大の障壁になっているからでしょうか。

しかし、答えはレントゲンに写るものばかりではありません。

写らないところにも隠れていることだってあります。

このことを患者さんに聞くと「筋肉」に痛みの原因があるかもしれないと言った先生は一人もいなかったそうです。

どの先生も最終的には言葉を濁すだけでうやむやになってしまい、その都度病院を変えるはめになっていたのです。



痛みは画像に写らない

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ