江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


腰痛改善には筋力よりも体の使い方が大事

整形外科では腰痛患者さんに、リハビリで腹筋トレーニングを指導することはよくあります。

これは、腹圧を高めることで背部にかかる負荷を少なくさせようとするのが目的です。

理論上、問題が無いように思えますが、現実はそのようにならないところが筋肉トレーニングの難しいところです。

実際に、腰痛を軽減させるために行われているはずの腹筋トレーニングでかえって腰痛を悪化させることがあります。

腰痛を惹起させやすい姿勢の一つに、腰椎の過前湾という姿勢があります。

k.jpg

過前湾というのは、腰椎を過度に前方へ湾曲させている状態のことを指します。

バレエでは、あえてこの姿勢を造るのですが、バレエをしていなくても患者さんの中には日頃から腰椎がこの状態になっている方があります。

骨盤が前方に傾き、それに合わせて腰椎の前弯傾向が強くなるという状態です。

患者さんは、意識をしてこの姿勢を作っているわけではありませんので、自分の姿勢が腰に負担をかけているというような認識はありません。

しかし、腰に痛みがある以上、脊柱起立筋に常に負荷をかけ続けることになっているのです。

この姿勢をそのままにして腹筋トレーニングをしたらどうなるでしょうか。

お腹がへこみ、過前弯は治るのでしょうか。

答えはNOですね。

腰を支える筋肉に「大腰筋」という筋肉があります。

トレーニングの方法によってはこの筋肉を強く収縮させることになり、より過前弯を強調させることにもなり兼ねません。

筋力をつけること自体は悪いことではありませんが、その筋力がどのような環境下で発揮されるのかを考慮することが、トレーニングをする前に考えるべきことなのです。

したがいまして、腰痛を改善するための正しいトレーニングとは、筋肉そのものを鍛えていくということではなく、体の負担を軽減させる方向へと「筋肉を使うように学習する」ことが正しいトレーニングだと私は考えています。



筋肉も正しく使ってこそ

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ