江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


温めることを勧めるのは何故?

変形性膝関節症と診断された患者さんが、病院のリハビリで

「膝は冷やさないで温めてください。」 と言われたそうです。

理由は、温めると痛みが緩和するからとのことですが、これってよく考えてみるとおかしなことなんですね。

あなたは、お気づきになられましたか?

温めた方が慢性痛に良いというのは大抵の患者さんは知っていて、特に冬は冷やさないようにしたり、お風呂などでしっかり温めたりと実践されています。

ところで、何がおかしなことなのかと言いますと、変形が痛みの原因としているはずなのにその痛みを温めることで緩和させようとしていることです。

温めて骨の変形が治るのでしょうか。

治らないですよね。

では、なぜ温めることを勧めるのでしょうか。

骨の変形が改善をしなくても温めることで痛みが緩和するということは、骨の変形以外にも痛みの原因があるってことを示しているのではないでしょうか。

ということは、膝の痛みは「骨や軟骨の変形による痛み」にはならないということです。

それにもかかわらず診断では、「痛みの原因は骨や軟骨にある」と。

これまで私が診てきた慢性痛のほとんどの患者さんは、痛みの原因が「骨や軟骨の変形、神経の圧迫」にあると診断されていました。

「筋肉や血流」に原因があると診断された患者さんは皆無です。

このように診断の相違が続く限り、慢性痛が改善される環境は整いません。

ある患者さんはリハビリの先生に、こそっとこう言われました。

「ここでリハビリを受けるだけでは治らないから整体とかで筋肉をほぐしてもらって。」と。

一部のリハビリの先生は気が付いています。

痛みの原因が「レントゲンやMRI検査」では映らないことに。

では、なぜリハビリの先生はそれに気が付いていながら、病院ではそれを行うことが出来ないのでしょうか。

次回はその理由を保険制度にまつわる問題点を含めて書いていこうと思います。
 


温めることを勧める側も何故いいのか分かっていない・・・

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ