江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


姿勢と筋力の関係

年齢とともに様々なところが衰えてきますが、筋力はその中でも重要な要素を持っています。

病気や外傷などで長期臥床を余儀なくされると、高齢者の場合は寝たきりになる可能性が高くなります。

これは、高齢者という時点で筋力が乏しく、人によっては体を支えるのに必要なぎりぎりのラインで生活している人もいるからです。

そして、何かのきっかけで筋肉を使わない生活を始めてしまうと筋力がさらに低下してしまいます。

そのことにより、自重を支え切れなくなり寝たきりとなってしまうのです。

しかし、この筋力低下というのは何も高齢者に限ったことではありません。

実は、私たちの日常生活において自然と進行しているんですね。

ただ、それを自覚するかしないかという差だけなんです。

若いときに比べて姿勢が悪くなったという方は、まさにその筋力低下が進行中です。

普段の生活ではそこまで筋力を必要としませんので、徐々に筋力が落ちてもなかなか気が付きません。

しかし、姿勢はそのことを視覚的に教えてくれています。

若いときに比べて猫背になったり、腰が曲がるという兆候こそ、筋力(特に背筋群)の低下を示唆しているのです。

ですから、筋力低下を防ぐには日頃からの意識付けがとても重要になります。

一日中姿勢のことを気にすることはできないので、気が付いたら修正、気が付いたら修正ということを繰り返します。

そうすると、徐々に意識をしなくてもその姿勢を維持することが出来るようになります。

しかし、姿勢の修正だけでは肝心な筋力強化にはつながりません。

やはりそこは、大腿四頭筋、大臀筋(共に体を立たせる重要な筋肉)のトレーニングが必要になります。

結局は、筋力を維持させるには負荷運動が必要なんですね。



筋肉を鍛えれば骨も丈夫になる。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ