江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


画像に異常がなければ問題ないの?

当院の患者さんが同窓会に出席して、級友からこんな話を聞きました。

以前から気になっていた足のしびれがひどくなってきたので整形外科へかかったら「骨には異常がありません」と言われて特に治療もしてくれなかったとのこと。

その後も、3件整形外科をまわって診てもらったのですが、最初に診てもらった病院と言われることは同じだったそうです。

患者さんは不快な症状があるから病院へかかっているのに、画像に異常がないから無治療なんて・・・。

画像に異常がなければ正常ってことなんでしょうか?

画像に異常が無くても患者さんは症状を訴えているのだから、他に原因があるのかもしれないという考えにならないのが不思議です。

医師も神様ではないのだから、様々な手を尽くして症状が治らないのなら仕方がありません。

しかし、このケースは違います。

「異常があるなら画像に写る」、「画像に写らなければ異常はない」という偏った考え方が起こした見落としなんです。

先日の健康イベントで相談された方の中で、手術を経験された方がいらっしゃいました。

その手術で良くなっていれば私に相談することはなかったでしょう。

実際、手術そのものは成功していますので、これ以上病院側でできることはないのだそうです。
(症状が取れていないのだから成功とはいえないと思うのですが)

画像診断は、私たちに見えないものを見せてくれる素晴らしい技術ですが、その技術に頼りすぎるあまり、本来見なくてはいけないものを見えなくしているようです。



画像に写るものだけが痛みの原因ではありません!

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ