江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


病気に付き合う方法より別れ方を学ぼう

患者さんの病気相談に医師が答えるというQ&Aでこんな相談がありました。(AskDoctors)

患者さん(女性)は、MRIによって椎間板ヘルニアと診断されました。

「リハビリとして電気やマッサージ、牽引などを2,3日に1度のペースで受けています。日常生活に支障が出るほどの痛みが出たのは初めてで、痛いときにリハビリや体操はしてもよいのでしょうか?」

という問いに対して、医師が答えた内容は、

「急性期は安静、痛みが落ち着いたらリハビリや体操を。」

別の医師は、

「電気やマッサージはヘルニアを改善させるものではなく一時的な癒しの意味しかありません。自分で痛くない範囲で体操やストレッチを行いましょう。」

と、このような内容でした。

う~ん。これでは患者さんもすっきりしないことでしょう。

痛みが落ち着いてきたら体操って、痛みが落ち着くのなら体操は必要ないのでは?

痛いからこそ治療が必要だと思うのですが。

また、電気やマッサージは癒しの意味しかないって・・・。

これは健康保険を使った治療行為のはずでは?

癒しの意味しかないものに健康保険を使うなんていいのでしょうか。

そもそも、医師が電気やマッサージに対して治療効果を認めていないのだから、リハビリをすることに何の意味があるのでしょう。

治療する側が、リハビリでは治りませんと言ってしまっていいのでしょうか。(ある意味正直ですが)

また、体操やストレッチで痛みが治るのなら、癒しの効果しかないリハビリの存在って。

私はリハビリ科のスタッフとして勤務していた経験がありますが、その医師がこうした回答をしてしまうのは何だか悲しいですね。

でも、そのリハビリを勧めるのも医師なんですけどね・・・。

患者さんは問いの中で、椎間板ヘルニアとの付き合い方を聞くということは、なってしまったヘルニアに対して諦めの気持ちをいだいているはずです。

「今後はこの厄介なヘルニアと上手に付き合い続けていかなければならない。」と。

そこで、本当は付き合い方よりも別れ方を指導できれば患者さんにとってどれほど良いことでしょうか。

「ヘルニアはあっても大丈夫ですよ。」と。

ヘルニアが痛みの原因にならないことを知れば、患者さんの心はヘルニアから離れられることができます。

しかし、このようなアドバイスがされることは稀なため、ヘルニアの呪縛から離れられる人はごくわずかです。

不思議に思うのは、先の体操やストレッチをアドバイスすることについてです。

体操やストレッチを勧めるのはいいですが、体操やストレッチがヘルニアと何の関係があるのでしょうか。

体操をすればヘルニアによる圧迫が解放されるのでしょうか?

もし、そうだとしたら手術は不要なはずですよね。

しかし、体操やストレッチでヘルニアが引っ込んだという話は聞いたことがありませんのでそんなことはないのでしょう。

だとしたら、なぜこれらを勧めるのでしょうか?

結局、体操やストレッチを勧めてもそこにははっきりとした医学的根拠は無いのです。

椎間板ヘルニアにかかわる話は全てもやもやとした根拠のない話ばかり。

だから、結果もそれに見合ったものにしかならないのでアドバイスも曖昧なものに終始するのでしょう。

これだから、悩める患者さんは減らないのです。



ヘルニアと別れる方法は当院にあります。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ