江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


再手術を受けても・・・

患者さんの知人が腰痛で手術を受けたそうですが、その後の調子が芳しくないそうです。

そして、近いうちに再手術を受けるという話を聞きました。

私はこの話を聞いて、おそらく痛みは改善しない可能性が高いとその患者さんに伝えました。

詳しく話を聞くと、現在もコルセットで腰をしっかり固めているそうです。

「コルセットで固める!?」

もしかするとあなたもピンときたかもしれません。

この処置は腰にとって全く真逆の対応となっています。

腰を固めてしまっては、良くなるどころかますます悪化することが目に見えています。

しかし、その知人はそんなことは露知らず、手術をした先生を信じて不便な生活をしているのです。

また、腰痛そのものは急に発症したわけではなく、仕事による姿勢の負担で以前からあったものでした。

私はこれらの話を聞いて、腰痛の原因は筋肉への負担が長期にわたり続くことで発症した慢性筋疲労による腰痛であると確信しました。

ですから、今後の処置としては筋肉の疲労を取り除くことが優先されます。

温めたり、ストレッチしたり、体の調整を受けて筋肉を緩めるのです。

無理な姿勢を強いられた筋肉は、過緊張によるコリがあるはずなのでそれを解放させる必要があります。

前回のように、手術で骨をいくらいじっても上記ような理由がある限り痛みは解放されません。

しかし、悲しいかな「お医者さんだから任せておけば大丈夫」という思い込みがそれらの機会を妨げているのです。

お医者さんは神様ではありません。

私たちと同じ人間なのですから間違うことだってあります。

相手は専門家なのだから間違いはないのだろうと思い込んでしまうことが実は一番怖いことなのかもしれません。



迷宮に入り込むと出口が見えなくなる

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ