江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


アトピーが治らないのは患者さんのせい

アトピー性皮膚炎の治療にはステロイドを使う?使わない?

患者さんは、この狭間の中で悩まされていることと思います。

現在主流の考え方はもちろんステロイドを「使う」です。

ステロイドに否定的な意見を医師に言おうものなら、即座に嫌な顔をされます。

そして、変り者のレッテルを貼られます。

ある医師がこんなことを言っていました。

「アトピーが治らないのは患者さんが勝手に薬を止めるからだ!」

これは、本当でしょうか?

勝手にやめるといっても、皮膚炎が治まる前に止めることは無いと思います。

皮膚炎が治まったから薬を使うのを止めたのではないでしょうか。

私は逆に聞きたい。

皮膚炎が治まるのを基準にしないで何を基準に薬を止めるのか?

そして、ステロイドをしっかり使えば本当にアトピー性皮膚炎は治るのだろうか?

ステロイドはアトピーを治すと定義されていないのに、何を根拠にステロイドを勧めるのだろうか?

確かにステロイドは炎症を抑えます。

しかし、抑えることと治ることは意味が違います。

ステロイドを使うことで炎症が治まることは、アトピーを長年わずらっている患者さんなら誰でも知っています。

問題なのは、治ったと思っていたのにまた皮膚炎が生じることです。

これに患者さんは辟易しているのです。

そして、ステロイドはホルモン剤ゆえの副作用があるために、患者さんは続けて使うことをためらうのです。

それを、薬を使いたがらなくなった背景を考慮しないで「治らないのは患者が悪い」なんて・・・。

アトピーに対するステロイド治療に否定的な意見を持つ医師も少数ですがいます。

本当に良いものならどうして見解が分かれるのでしょうか?

患者さんは意味もなくステロイドを否定しているわけではありません。

ただ単に情報に振り回されているわけでもありません。

自分の体のことだから不安なんです。心配なんです。

患者さんは治りたいと思っています。

だからこそ、否定的な意見を持ってしまうということを理解してほしいものです。



アトピー治療の問題は治療だけの問題ではない

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ