江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


素人が見て何が分かる!

今回の話は、慢性腰痛をわずらっていた患者さんが担当医に言われたことについてです。

その腰痛患者さんは、元々病院へ治療に通っていたのですが、治療といえば痛みどめを出すくらいで治療らしい治療は受けておりませんでした。

知人の紹介で当院を訪れ、その後は腰痛を回復させ、前回と今回とで骨にどのような変化が見られたかを比べるため再度病院へ訪れました。

その時に担当医はこんなことを言ったのです。

医師「マッサージや整体なんか受けると余計に悪くなるぞ!」

患者さん「そんなひどいことされてません。」

医師「骨がボロボロなんだから気を付けないと」

患者さん「だから、そんなキツイ治療は受けていません!」
「写真を見比べたいのでレントゲンを貸してください」

医師「素人が見て何が分かる!」

患者さんは頭にきましたが、これ以上言っても喧嘩になるだけなので何も言わず帰ってきたそうです。

それにしてもひどいですね。

治療らしい治療をしないのもそうですが、痛みが改善しない患者さんが良くなって顔を見せに来たのにこの言いよう。

私だったら、どうやって治したのか気になりますけどね。

そして、自分の治療にもその方法を応用しようとするでしょう。

それが、整体で良くなったと聞いたものだからあのような言い方になったのだと思います。

きっと、整体やマッサージを見下しているからこういった発言になるのでしょう。

患者さんからすれば、痛みが治るのなら整体でもマッサージでも何でもいいんです。

しかし、担当医からすればそれは面白くないのでしょう。


で、レントゲンの結果ですが、変化は無しでした。(医師見解)


骨がボロボロでも痛みは治ります。

骨の変形に変化が見られなくても痛みは治ります。

理由は、痛みの原因は「骨以外」にあるからです。

しかし、「骨以外」に着目しないと痛みを治すことができません。

私はいつも不思議に思います。

「どうしてあんなに骨にこだわるのだろうか」と。

そして、

「どうして筋肉に目を向けようとしないのだろうか」と。

骨の変形と痛みには、比例関係が見られないことは素人である私にも明白なのに。

私は逆に聞きたい。

「玄人が見たら何が分かったのか?」




玄人に分からないからこそ患者さんは悩んでいる

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ