江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


骨の変形と痛みは分けて考えよう

一般的な認識では、股関節の変形が進行すると同時に痛みも増していくものだと思われています。

しかし、実際には変形がそのまま、もしくは進行しているのに痛みは減少していくことがあります。

患者さんがレントゲン写真を撮るきっかけになったのは、「痛み」の問題が表面化してきたからではないでしょうか。

診察では「変形性股関節症です。」「いずれ、手術が必要です。」と診断されることが多くあります。

しかし、手術は受けたくないという方が大半で、知人の紹介で当院に来られた患者さんもその一人でした。

その患者さんも、痛みの原因は骨の変形によるものと診断されていました。

しかし、その後、施術によって痛みが8.9割ほど改善してきたのです。

そこで、もう一度股関節のレントゲンを撮っていただきました。

すると、関節上部の隙間はやや狭くなっていたのです。

これは、画像だけで結論すると変形性股関節症は進んでいたということになります。

しかし、肝心の症状はその逆で痛みは以前と比べて軽減しているんですね。

つまり、画像上は悪くなっているのに、症状はその反対なんです。

不思議ですね。

ですが、これは画像と症状を結びつけているからこう感じるのであって、はじめから画像の状態と症状は別物として見ればどうでしょうか。

実は、こういった例というのは珍しいことではありません。


現在の常識では、「骨の変形=痛みの原因」となっていますが、実際はそれに反する例があるということは、「骨の変形=痛みの原因」と決めつけてはいけないのです。

だからといって、骨の変形を全く無視していいわけではありません。

あの強固な骨が変形していくには必ず理由があるのですから、その理由を考える必要はあるわけです。

そして、変形と痛みの原因を切り離して考えていけば、手術を必要としなくても良くなる患者さんが増える可能性は十分に考えられます。

そのためには、「常識」というものから離れてみることも時には必要なことなんだと思います。



頭も筋肉も柔らかく。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ