江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


手当てが早ければ早いほど治る!

腰痛をはじめとする慢性痛の多くは、その性質上一度かかってしまうと中々治りにくくい特徴があります。

もちろんそれは、何も手当をしないというのが前提になりますが、手当を早めにすることでそれを回避することが出来ます。

治りにくくなる理由は、コリの深刻化とストレスの継続が痛みを定着させてしまうからなんですね。

先日来院された患者さんですが、歩くことにも支障が出るほどの腰痛で困っておられました。

話を聞くと、急性期を過ぎて慢性期に差し掛かっている段階でした。

早速検査をしたところ、姿勢に腰痛を惹起する特徴が見られ体の各所にも緊張がありました。

そして、光線療法を行い手技によって丁寧に体の緊張を緩めました。

施術直後は、体の緊張がほぐれた様子でした。

二回目の来院時に調子を尋ねると、痛みが10分の1にまで軽減してとても良くなったと喜ばれていました。

やはりこれは、年齢的なものもあるかとおもいますが、早めの手当てが功を奏した結果だと思います。

慢性痛の初期段階では、まだ筋肉のコリが深刻化しておりませんので施術にもよく反応します。

しかし、私が診させていただいている多くの患者さんは、痛みを患っている期間が長いため良くなるにもそれなりの時間を要します。

筋肉の質の劣化というのは、それほどやっかいなものになります。

では、その筋肉の治療をどこで行えばいいのかと言いますと残念なことにそれに取り組んでいる治療機関はあまりありません。

理由は、痛みに対する概念が間違っているため、それをベースとした治療法も間違っているからです。

例:慢性痛に消炎鎮痛剤の処方をする(痛みどめの薬)

痛みどめの薬は、使い方によっては本当に有効な薬です。

しかし、「痛みが止まる」ことが必ずしも全ての痛みに有効なのかと言えばそうではないのです。

ある患者さんがお医者さんからこう言われていました。

痛みどめの薬を医者に頼んだら「薬は原因を治すわけではないしこの程度なら出しません。」と言われたそうです。

その時は、何で薬を出さないのかと思っていたけど私から詳しい話を聞いて納得されておりました。

ただ、ほとんどのお医者さんは薬を処方すると思いますけど、こういう先生もいるんですね。

慢性痛の原因は「骨の変形や軟骨のすり減り」にはありません。

筋肉をはじめとする軟部組織に原因があります。

1カ月以上痛みに悩まされている方は、できるだけ早めに手当てを受けられることをお奨めいたします。
 


手当てが早いほど治る!

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ